歯の移植ってどうなの?治療の条件やメリット・デメリットについて | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院
2018年2月13日

機能していない親知らずなどの歯を再利用することによって、失った歯の機能を取り戻す「歯牙移植」という方法があります。自分の歯を使っているため身体によく馴染み、また歯根膜ごと移植するため、自然の噛みごたえを維持したまま歯の機能回復が可能です。
ただし歯牙移植ができる条件は限られているため、治療を受けられる機会が限られてきてしまいます。歯牙移植のメリットやデメリットについて紹介します。

歯牙移植とは

失くしてしまった歯の治療方法として一般的なのは、ブリッジ、入れ歯、インプラントといった、人工の補綴物を使った方法です。対して歯牙移植は、不要となった自分の歯を再利用して、必要な部分に移植する方法です。自家歯牙移植ともいいます。
歯牙移植では、まず移植する歯を抜歯し、移植先の歯茎に埋めていきます。その後必要があれば神経の処置を行い、歯冠の形を整えてクラウンを被せていきます。歯が自然に定着するのを待たなければならないため、治療には2~3ヶ月かかります。

歯牙移植ができる条件

歯牙移植は、自分の歯を使えるという理想的な方法なのにも関わらず、一般に馴染みがないのには理由があります。歯牙移植が可能な条件が限られていることと、そして歯牙移植を扱える歯科医師が少ないためです。 歯牙移植に必要な条件は、下記の通りです。

移植する歯がある(生えている)

まず、移植に使用する歯がなくてはなりません。抜いてしまっても支障のない歯が使用されますので、ほとんどのケースでは親知らずが移植に使用されます。親知らず以外では過剰歯や矯正時に抜歯される歯(4番や5番)が使用されることがあります。
また移植する歯は、移植先のスペースにあった大きさの歯である必要があります。例えば、親知らずは同じ奥歯への移植に使用されることが多いですが、前歯部に使用されることはまずありません。ただし歯の大きさは個人差があるため、サイズが合い物理的に可能であれば行われることもあります。
なお特別な形で保存(後述の「歯の銀行」など)していない限り、過去に抜いた歯は使用できません。歯根を覆う歯根膜が生きている状態でないと、歯がうまく定着しないからです。

移植先の骨の量が十分にある

次に、移植先の歯茎が健康である必要があります。歯周病などで骨吸収がある場合には適していません。歯周病治療を行い、骨の量を増やす治療が成功すれば可能となります。
インプラントのように、決まった大きさのものを入れるわけではないので、移植の際には歯茎に少し大きめに穴を開ける必要があります。そのため、移植先はそれに対応しうる十分な骨の量が必要となります。

歯牙移植のメリット

歯牙移植の最大のメリットは、歯の大切な機能を持つ歯根膜を維持した歯を使えるということです。ここでは歯牙移植のメリットについて紹介します。

歯根膜を保存したまま移植できる

歯牙移植では、クッションの役割をする歯根膜ごと歯を移植するため、顎の骨に自然の状態で定着させることができます。
歯と骨の間に歯根膜があることで、食べ物の歯ごたえを感じたり、口内に入ってきた異物を感じ取ったりすることができます。砂を噛んだときの「ジャリ」という不快な感じは、歯根膜によって感知され脳に伝えられます。すると開口反射が起こり瞬時に咀嚼が止まる仕組みになっています。歯根膜は、口内に入り込んだ異物から身体の安全を守る役割もあるのです。
また歯根膜があることで歯を動かすことができるため、将来的に歯列矯正も可能です。
なおインプラントは骨に直接埋めるものなので、歯根膜が存在しません。

隣接歯への影響がない

ブリッジや入れ歯では、隣接歯を削ったり支えに使用したりと、負担をかけてしまいます。歯牙移植では、隣接歯を傷つけずに治療を行うことができます。

安全性が高い

歯牙移植は自分の歯を移植するため、人工物を入れることによる金属アレルギーなどの拒否反応が起こりにくいこともメリットの一つです。移植することで歯茎の状態を悪化させてしまうような悪い影響を与えることはありません。
仮にうまく定着せず、最終的に抜歯することになってしまったとしても、今度はインプラントなどの再治療が可能です。

若年層にも適応可能

インプラントは、骨の成長が終わった成人にしか適応できない方法ですが、歯牙移植は成長途中の子供にもできる方法です。特に歯根が成長しきっていない歯であれば、抜歯してしまっても移植先でまた神経が繋がるため、歯を生かしたままの移植が可能となります。
逆に歯根が成長しきってしまうと、移植先で神経の処置が必要となります。また高齢者は骨の再生力が落ちているため、歯がうまく定着しないこともあります。

保険適用が出来る

移植する歯が親知らずまたは埋伏歯であり、抜歯したその日に移植を行った場合には、保険適用で手術が受けられます。移植手術の費用は3割負担で約1万円です。その他検査費やメインテナンス費がかかってきますが、インプラントに比べると安価で治療を受けることができます。
抜歯した当日に移植ができないのは、移植先の歯茎の状態が良くなかったり、歯の大きさが合わなかったりするようなケースです。

歯牙移植のデメリット

自分の歯を残せる歯牙移植ですが、当然デメリットはあります。下記、歯牙移植のデメリットや注意点です。

治療できる条件が限られている

上記に挙げたように、歯牙移植な可能なケースは限られています。条件を満たさないと、治療を受けることはできません。
また、歯牙移植は難しい手術です。多くの歯科医師はインプラントという自費診療の方法を選ぶこともあり、扱っている歯科医院は少なくなります。歯牙移植は患者の診療機会が限られてしまう方法です。

神経を取り除かなくてはならない

神経を保存したまま移植することができるのは、歯根が成長しきっていない子供に限ります。多くのケースで、移植後に歯の神経の処置が必要となります。多くの歯質を削るため、メインテナンスを怠ると二次カリエスが生じて、再度抜歯となってしまうリスクもあります。

骨性癒着(アンキローシス)のリスクがある

歯を保護する歯根膜の損傷が大きい場合、移植後に歯と骨が癒着してしまうアンキローシスという状態になってしまう可能性があります。
アンキローシスが生じると、歯は骨の一部とみなされるようになり、骨の代謝に巻き込まれて徐々に吸収されていってしまいます。歯の高さは低くなっていき、対合歯が伸びてきてしまいます。
ただし吸収の速度は、成人で年2%ほどといわれており、人によっては、数十年は機能することもあります。

意図的歯牙再植

歯を抜いて再び移植する術式は、自家歯牙移植だけではありません。根管治療の難症例やフェルールの獲得に用いられる意図的歯牙再植という方法もあります。意図的歯牙再植は、一時的に歯を抜いて、適切な処置を施し、再び元の場所に戻す方法です。
自家歯牙移植がすでに失ってしまった歯を自分の歯で補う方法であるのに対し、意図的歯牙再植は、まだ辛うじて残っている歯を絶対に失いたくない人にとっての最終手段となります。

根管治療の難症例

厚い骨に覆われた歯根の先や根管内の深い場所に病変ができてしまうと、切開や内部からの処置は難しくなり、通常では抜歯となってしまいます。
そこで、問題のある歯を一時的に抜歯して、口外できれいに根の処置をしてから、再び元の場所へ戻します。適切な状態で速やかに再植すれば、組織が回復し元の状態に戻すことができます。

フェルールの獲得

クラウンを被せるには、フェルールという歯茎から出ている歯質が必要となってきます。ほとんど歯根しか残っていない歯にはクラウンを被せることができず、通常では抜歯を選択せざるを得ません。
そこで、歯を一度抜いて、90°または180°方向を変えて再植します。すると歯がピッタリと入らずに少し歯茎から出た状態で固定されるため、クラウンを被せることができるようになります。

歯の銀行

将来的に歯の移植が必要となったときのために、歯の銀行(ティースバンク)という歯を長期的に冷凍保存するサービスがあります。初期費用として約3万円、2年目以降は5年ごとに1万5千円の更新料がかかります。別途、移植手術費がかかってきますが、歯の銀行を利用すると即日移植の条件を満たさないため、自費診療となります。費用は歯科医院によって変わってきます。
なお2018年2月13日時点では、事務所移転により一時的に新規の預かりを停止しており、2018年3月より再開予定とのことです。