だいご歯科クリニック 医療法人Win-Win 理事長 村山 大悟 | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院
2018年2月20日

歯学博士
日本口腔インプラント学会 専門医 専修医
国際インプラント学会 認定医
厚生労働省認定 臨床研修指導歯科医

学会発表、論文多数

丁寧な治療の説明と患者様個人個人の生活スタイルに合わせた治療を行うことを心がけている村山先生にクリニックの特徴や今後の展望などインタビューさせていただいた。

―先生が歯医者を志したきっかけは?

元々は医学部を目指していたのですが、医学部の壁は厚く落ちてしまいました。歯学部には元々興味はなかったのですが、学校説明会に行った時に、深く追求するとおもしろいかなと思い興味を持ったのと、同じ医療系で、患者さんにいろんなサービスを提供するのは同じということもあり歯科医師を志しました。

―だいご歯科クリニックの特徴を教えてください。

歯科医院は怖いというイメージをお持ちの患者さんが多いので、院内は明るい雰囲気の色を使い、リラックスして頂けるように、内装にもこだわっています。
スタッフ同士も仲が良いので和気あいあいとした雰囲気で、患者様を明るいあいさつと笑顔でお迎えしております。
治療面に関しては、私は口腔外科の出身で、インプラントの専門医でもあるので外科系の治療とインプラント治療を得意分野としてやっています。
来院された患者様に対しては、忙しい方がすごく多いので、無駄に時間をとってご迷惑をおかけしないように、1回の治療を充実させたり、治療を長引かせないように意識しています。
患者様が治療の選択で悩んでいるにも関わらず、その場で無理やり決めさせると後々後悔につながってしまいますので、無理に答えを引き出さず、最終的には患者さんに選んでいただくようにしています。そのための情報提供はたくさんしますし、言葉で分かりづらい治療に関しては、絵を描いたり、写真を見て頂いたり、治療内容の動画を見て頂いたり、模型を使って丁寧に説明させて頂きます。

―今後の歯科業界についてと先生の展望を教えてください。

高齢化が進んでいますので、訪問診療の需要が増えていくと思います。また、予防意識が高まっていますので、虫歯の人が減り、歯を削るような治療は少なくなっていき、予防型の歯科医院が増えていくと思っています。
口の中が汚れていると病気になりやすく、誤嚥性肺炎などで亡くなってしまったりすることもありますので、病気がなくても継続的に口の中を綺麗に予防していくことが重要です。今後の展望としては、予防型の歯科医院に変えていくこと、そして、そのための歯科衛生士さんの採用を増やしていくことです。採用ができて、長く勤めてもらうには働きやすい環境であることも大切なので、働きやすさもより向上させていかなければと思っています。

医院紹介はこちら