KI歯科・矯正歯科 平井 院長 市之川 和広 | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院
2018年2月26日

日本顎咬合学会 認定医
国際口腔インプラント学会(ISOI)認定医・指導医
ドイツ口腔インプラント学会(DGZI-J)日本支部 認定医・指導医
ジャパンインプラントプラクティス 認定医
米国インディアナ大学歯周病学インプラント科 客員研究員
厚生労働省認定歯科医師臨床研修指導医

家族4世代で通っていただけるような歯科医院作りを目指している市之川先生に、医院の特徴や今後の歯科業界についてなどインタビューさせていただいた。

―先生が歯医者を志したきっかけは?

父親が歯科医師で小さい頃からその姿を見て育ちました。特に歯科にこだわりはなかったのですが、医療に携わることをなにかやりたいと思っていたので、身近にいた父親の存在は大きかったなと思います。手先も割と器用な方で、プラモデルを作ったりなど、細かい作業が好きだったということもあり歯科医師を選びました。

―KI歯科・矯正歯科 平井の特徴を教えてください。

当院は、大学病院に行かずして、予防から欠損補綴、インプラントまですべての治療を1つの医院で地域の方に提供することをコンセプトにしています。
年配の方は特に電車を乗り継いで大学病院まで行くことは大変だと思います。できる限り当院でトータルに治療計画を立てて、それにともなった治療を提供したいと考えています。そして、家族4世代で通っていただけるような歯科医院作りを心がけています。
来院されている患者さんには、再治療を繰り返さないように、こういう状況になった原因をしっかりと理解してもらうところから始めています。やはり治したところは悪くなってほしくないですし、長くもつように気を込めて治療にあたっていますので、患者さんには、治療が終わることがゴールではなくて、10年20年と長くもたせるためにはこれからがスタートですとお伝えしています。

―今後の歯科業界についてと展望を教えてください。

今後の歯科業界としては、患者さんの意識を高めることがすごく重要で、意識が高くなれば、早期発見・早期治療ができるようになり、軽度の治療で終わらせられることが出来るようになると思います。そして、より複雑な治療の頻度が少なくなり、どちらかというと治療よりも予防に重きを置くような方向に変わっていくと思います。
ただ、不幸にして歯を失ってしまうという場合も出てしまうので、もちろん入れ歯やインプラントの分野も今後もまだまだ重要ですが、予防と従来の治療の比重は少しずつ変わってくると思いますね。
今後の展望としては、患者さんにお口の中に興味を持ってもらうところから始めたいと思います。興味を持っていただければ治したところを今度は長く持たせようと意識が変わってくると思います。
まず治療が必要なところはしっかりと治して、その後、予防に切り替えています。それをお父さんやお母さんが先生の代わりとなって子供たちにどんどん伝えていくということができるようになればいいなと考えています。

医院紹介はこちら