歯のザラザラはすぐ治せる?目指せツルツルな歯! | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院
2018年3月23日

舌で歯を触ってみてください。ザラザラしていませんか? 健康な歯はツルツルとしていますが、ザラザラしているということは何らかの異常が発生しているかもしれません。
今回は、歯がザラザラになる理由と、その改善法をご紹介します。

天然歯がザラザラしている原因

治療をしていない天然の歯がザラザラしている原因として考えられるのは、プラークや歯石など汚れの付着または様々な原因でできた歯の傷です。それぞれの原因と改善法を紹介します。

プラーク(歯垢)がついている

食後や朝起きたときに、歯が全体的にザラザラしているのは、歯の表面にプラーク(歯垢)が付いているからだと考えられます。プラークは、細菌や細菌の代謝物であり、虫歯や歯周病の原因となります。見た目には黃白色をしていて、舌で触るとザラザラとした感触がします。
プラークは粘着性があるため、口内を水ですすぐだけでは取れませんが、歯磨きを行うことで簡単に除去することができます。口内を不衛生にすると出来やすくなるため、食後や就寝前にしっかりと歯磨きをすることで、ザラザラするのを防ぐことができます。

歯石がついている

歯磨きをしてもザラザラが取れない場合、歯石の付着が疑われます。歯石は、取り残したプラークが石灰化したものであり、ブラシで磨いても除去することができません。
歯石が付きやすいのは、歯ブラシが届きにくい歯の裏側や歯茎の際の部分です。歯周病の原因となりますので、早めに歯科医院で歯のクリーニングを受けることをおすすめします。また、十分な歯磨きができていない証拠でもありますので、ブラッシングの指導も受けましょう。

歯が摩耗している

通常歯の表面はツルツルとしたエナメル質に覆われていますが、表面が削れてしまうと、ザラザラしたような感触になります。歯が削れてしまう原因の一つとして、悪い方法での歯磨きが挙げられます。磨く力が強すぎると歯の表面に傷がついてしまい、磨いても磨いてもザラザラとしてしまいます。研磨剤の多く含まれている歯磨き粉(特にホワイトニング系の歯磨き粉)を頻繁に使うことでも、歯に傷がついてしまいます。
歯だけでなく、歯肉にもダメージが及んでいることが多く、赤い擦過傷や歯肉の肥厚、歯肉の退縮がみられることがあります。歯肉が退縮すると象牙質が露出しますので、知覚過敏も起きてきます。このような歯の磨きすぎをオーバーブラッシングといい、歯の健康意識が高い人に多くみられます。綺麗に磨こうと思って、かえって歯を傷つけてしまっているのです。
オーバーブラッシングは歯科医院で正しい歯磨き方法を身につけることで改善します。ゴシゴシというよりは、歯をなぞるように優しく磨くだけで汚れは取れます。また歯磨き粉は、フッ素が多く含まれているジェル状のものを使用すると良いでしょう。フッ素の働きで再石灰化が促され、歯の表面もツルツルに戻りやすくなります。摩耗がひどい箇所は、レジンで盛って修復することもあります。

歯が咬耗している

上下の歯と歯が擦れあって削れてしまうことで、歯の咬合面がザラザラすることもあります。歯の咬合面の摩耗(咬耗)は、歯ぎしり癖、噛みしめ癖、上下をカチカチする接触癖、固い物を好んで食べる嗜好が原因となります。咬耗が進むと、歯の咬合面が平らになり、茶色い象牙質が露出してきます。また欠けたり割れたりして歯が全体的に短くなってしまうこともあります。神経にも刺激が伝わりやすくなりますので、噛んだときに強い痛みを感じてしまうようにもなります。
歯の咬耗は、削れた箇所をレジンで修復することで治療していきます。咬耗が大きい場合には、神経を抜く処置をした後に、被せ物をして修復していきます。また、症状によっては矯正や顎位の調節など全額的な治療が必要となる場合もあります。

歯が溶けている

初期虫歯で歯が溶かされると、表面がザラザラとします。見た目にはホワイトスポットという白いシミができることもあります。初期の虫歯であれば、しっかりと歯磨きをして口内を清潔に保つことで、症状も自然に改善されます。
虫歯でなくても、酸性の飲食物の過剰摂取や、嘔吐による胃酸の影響などで、歯の表面が溶けてザラザラになってしまうこともあります。
柑橘類、酢、炭酸飲料など酸性の飲食物は、時間をかけて摂取したり寝る前に習慣的に摂取したりすることで、虫歯ではないのに歯を溶かしてしまいます。また、逆流性胃腸炎や過食症などで、頻繁に歯が胃酸にさらされることでも、歯が溶けてザラザラになります。歯が溶けてしまう症状を酸蝕症といい、見た目には黄色っぽくなったり、透明に透けて薄くなったりします。歯が溶けるため、虫歯のような知覚過敏の症状がでます。
酸蝕歯の治療は生活習慣の改善が主となります。歯の溶けている範囲が小さい場合にはレジンを盛って修復し、範囲が大きい場合には、被せ物で治療していきます。

治療した歯がザラザラしている原因

すでに治療した歯がザラザラしているのは、補綴物の不備や破損が原因として考えられます。下記に具体的な例を紹介します。

仮歯のままである

複数回かかるような治療の途中に、一時的に装着する仮歯は、本番の歯と比べるとザラザラしています。また細かな調整もされないことが多いため、異物感があるかもしれません。汚れが付きやすく、あえて取れやすくするためにしっかりとは接着されていません。仮歯は、一時的な審美面や機能面の回復、そして歯に汚れが入らないようにするためのものです。長く持つようには作られていませんので、早急に歯科医院で治療の続きを行ってもらいましょう。

研磨が足りない

保険診療で歯の補修に使われるレジンは、天然の歯よりもザラザラとしています。ただ盛って形を整えるだけではザラザラ感が残るため、最後の仕上げとして必ず表面を研磨します。その研磨が足りないとザラザラ感が残り、違和感が生じてしまいます。凸凹により汚れも付着しやすくなってしまうため、再度治療をお願いしましょう。同じ歯科医院であれば無料でやってくれる可能性もあります。また、保険外のセラミック素材であれば、天然歯以上にツルツルとした感触になります。

破損している

舌で触ると引っかかる感じがする場合には、詰め物や被せ物が欠けてしまっている可能性があります。舌や歯茎を傷つけてしまい、口内炎や口腔癌の原因となることもあります。
人工の素材はどうしても経年劣化してしまうものですが、頻繁に起こるようであれば無自覚の歯ぎしりなど口腔癖も考えられます。破損した補綴物は放置せず必ず歯科医院にかかりましょう。

まとめ

口内はデリケートですので、少しの違和感がストレスとなることも。ザラザラの歯は汚れや色も付きやすいため、虫歯や歯周病を起こしやすくなります。ツルツルの歯であればトラブルも起こりにくいため、見た目にも美しく、毎日気持ちよく過ごすことができます。自宅で簡単に改善できるケースもありますので、ツルツルかザラザラか普段から歯の舌触りをこまめにチェックすることも、歯の健康のためには大切です。