秋田デンタルクリニック 院長 秋田 吉輝 | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院
2018年3月22日

日本歯周病学会専門医

京田辺市の松井山手駅を中心に幅広い年齢層の方の治療にあたっている秋田先生。日本歯周病学会の専門医でもある先生に医院の特徴や今後の展望などインタビューさせていただいた。

―先生が歯医者を志したきっかけは?

幼少期に通っていた先生に憧れ、歯科医師を目指したのがきっかけです。幼少期は歯医者さんに対して怖いイメージを持つお子さんが多いですが、私の場合は、歯医者さんに通うことを楽しみに感じていました。その後、その先生とは大学の講義の時に講師の先生として再会することが出来ました。

―秋田デンタルクリニックの特徴を教えてください。

当院の特徴は幅広い年齢層の方にお越しいただいていることと歯周病治療に力を入れていることです。開業の時から通院していただいている方の口コミで広がり患者様が増えていきました。開業前に様々なスタイルの歯科医院で勤務させていただいたことを活かし、通院していただいている患者様の同意の上、一人ひとりに愛情をもって診察する事を心がけています。院内は常に清潔感ある状態を徹底し、皆様がリラックスしていただけるよう、完全個室型診察室でプライバシーに配慮しています。お子様連れの方は年齢に合わせて診療室内にキッズスペースを作ることができますので安心してお子様と同じ空間で治療を受けていただけます。またバリアフリー設計で、体が不自由の方も通院していただきやすくなっています。院内はアロマセラピーを導入することにより、歯科医院独特の匂いがしないように配慮しています。また全ての診察室から遠くの景色を見渡していただけますので治療におけるストレスを少しでも軽減していただけるかと思います。
患者様とは、コミュニケーションを大切にしていて、きちんと説明をしてから治療を行っています。歯科衛生士も患者様と常にコミュニケーションを取り、最後に笑顔で診察を終えられるように心がけています。
様々な症例に対応ができるようにしていますが、特に歯周病治療は専門医の資格を持っているので、自信を持って治療にあたらさせていただいています。またスタッフの育成にも力を入れているため、医師だけでなく歯科衛生士も歯周病治療の勉強に取り組み、高いスキルや幅広い知識を身につけています。

―今後の展望を教えてください。

患者様が笑顔あふれる人生を送れるお手伝いが出来る歯科医院を目指しています。
一本でも多くの歯を残すために、できるだけ歯を残す治療を行っています。当院のモットーは、
・むやみに削らない
・できるだけ神経を残す
・專門的包括的治療を行う
です。
治療後は歯を失わないように徹底したメインテナンスを行っています。歯を残すためにはメインテナンスが必要不可欠です。欧米では1〜3ヶ月に一回、定期的なプロフェッショナルによるメインテナンスを行っています。治療ではなく、メインテナンスに力を入れることで平均残存歯数を飛躍的に向上させたいと思っています。メインテナンスをしっかり受けられる方と受けない方ではあきらかな残存歯数に差が生じますので、皆様に理解して頂けるよう向き合っていきたいと思います。
歯は一度失うと、二度と生えてきません。あなたの大切な歯を残せるように少しでも早く適切な治療を行うことをおすすめしています。しかし、歯科医院で行うメインテナンスだけでは最大限の効果は得られません。普段のご家庭でのセルフケアが一番大切です。では、なぜメインテナンスを受けるのかというと、普段からどれだけセルフケアが出来ているのかを確認しセルフケアの仕方を改めて確認するためです。どこが磨けていて、どこが磨けていないのか、どのような磨き方をしたら良いのかなど患者様とコミュニケーションを取りながら一人ひとりにあった指導を行い、虫歯や歯周病にならない口腔内環境を作っていくことが大切だと考えています。患者様に笑顔あふれる人生を送っていただけるよう、今後も日々精進していきたいと思っています。

医院紹介はこちら