はにデンタルクリニック 院長 石川 葉仁 | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院
2018年9月12日

日本歯科保存学会 専門医・指導医

日本保存歯科学会の専門医・指導医でいらっしゃる石川先生。これまで学ばれたことを活かして、丁寧で質の高い治療を提供しています。そんな先生にクリニックの特徴や今後の業界についてなどインタビューさせていただいた。

―先生が歯医者を志したきっかけは?

医学系の道を考えていて、父から歯科だといろいろなことを両立しながらやっていくことができるのではないかとすすめられたのと、日本は資格社会なので、資格を取って社会貢献していきたいと思ったことがきっかけです。また、私自身が歯列矯正をしていたこともあったので、歯科の道に進みたいなと思いました。

―はにデンタルクリニックの特徴を教えてください。

私が保存学会の専門医、指導医なので、その特徴を活かして専門性の高い診療をしています。
大学の保存学教室に残っていましたが、その後医学部の口腔外科にもいたので外科も得意としていて、総合的にいろんな判断をすることが可能です。
常に患者さんに質の高い治療を提供するために、根管治療や一般的な歯科治療を拡大鏡や顕微鏡を使って行っています。
来られる患者さんは緊張されている方が多いと思いますので、緊張をほぐしていきながらいろんな治療方針を提示して、患者さん自身に治療法をご選択いただけるようにしています。高齢の方からお子さんまで幅広い年齢層の患者さんに来ていただけていますので、リラックスして治療を受けていただけるように内装にもこだわっています。

―今後の歯科業界についてと展望を教えてください。

これだけ歯科医院や歯科医師の数が多い中で、より患者さんもいろんな情報を得てきていますので、歯科医師自身がこれからさらに切磋琢磨していかなければと思っています。
それと同時にデジタル化や新しい材料、再生医療分野も組み込まれていくなど幅広く変わっていくので、この10年20年で楽しみな業界になってくるのではと思います。そして、さらに発展していって、それが医学にも貢献できるような分野になっていくのかなと思っています。それが楽しみでもありますし、追いついていくためにがんばっていかなければと、励みにもなっています。
今後も、医療という本質を見失わないように、ぶれないように、医学的なバックグラウンドの根拠に基づいた質の高い医療の提供を常に心がけてやっていきたいなと思っています。

医院紹介はこちら