こうの歯科医院 院長 河野 恭範 | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院
2018年11月27日

日本口腔インプラント学会 専門医
国際口腔インプラント学会 認定医
ドイツ口腔インプラント学会 認定医
総合インプラント研究センター 理事
日本大学 講師
さいたま市 介護認定審査委員

生まれ育ったさいたま市の岩槻エリアで地域密着型のかかりつけ医として診療にあたっている河野先生。患者様とのコミュニケーションを大事に、丁寧に治療を進めています。そんな先生に医院の特徴や今後についてなどインタビューさせていただいた。

―先生が歯医者を志したきっかけは?

何か人のためになることをしたかったのと細かい作業をするのが好きで、歯医者であれば細かい作業をしながら人のためになれる、困っている人を助けられると思い歯医者の道を選びました。

―こうの歯科医院の特徴を教えてください。

治療は1回では終わらないので、どんなにいい治療が受けられたとしても通院のたびに待たされてしまうと通いづらくなると思います。なので、できる限り患者さんとのお約束の時間を守り、お待たせしないことを心がけています。
治療内容に関しては、むやみに新しいことに飛びつくのではなく学術的に裏付けの取れた適切な治療方法をご提案させていただき、患者様にご納得いただいてから手際よく、丁寧に進めるようにしています。
日本大学の歯科臨床検査医学教室に所属し、講師もしているので、全身管理をして体全体とお口のことを関連付けながら診ています。糖尿病や高血圧などの基礎疾患がある方も安心して受診していただくことができます。

―今後の歯科業界についてと展望を教えてください。

今までの歯医者は、ドクター本位で患者さんの立場に立たずに治療を行っていましたが、これからはインフォームドコンセントを大事にして、それに基づいて、患者さんにとってより苦痛の少ない且つ見た目も綺麗になる治療が受けられる時代がくると思います。
今後に関しても、流行にとらわれることなく、患者さんにとって本当に良い治療を私が歯医者であり続ける限り提供していきたいと思っています。

医院紹介はこちら