噛み合わせが原因で頭痛になる?頭痛に効くマッサージが知りたい | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院
2018年12月22日

現代人は頭痛に悩まされているとよく聞きます。いまや15歳以上の人なら3人に1人は頭痛について悩みを抱えている人がいるそうです。「ちょっと頑張れば大丈夫かも」「頭痛くらいで・・・」と思って我慢してしまったり、軽くみてしまう人も多いかと思います。頭痛は他人から見て頭痛なのかどうかもわかりにくいですし、日々忙しい生活を送っている人なら尚の事我慢してしまうかと思います。ですが、頭痛は放っておくと耐えきれないほどの痛みになってしまったり、命にかかわる病気が潜んでいる可能性もあります。頭痛の原因は、発熱などで伴われる頭痛、偏頭痛、緊張型頭痛など様々ですが、「噛み合わせが原因の頭痛」があるのはご存知でしょうか。つらい頭痛に悩んで様々な科の病院に行ったものの原因がわからず、一向に良くならなくて困っている・・・。そんな方はもしかしたら噛み合わせが原因の頭痛かもしれません。そして、その頭痛は歯科で見てもらうことで解決できる可能性があります。今回は、噛み合わせからの頭痛はなぜ起きるのか、原因やどんな治療方法があるのか、頭痛をやわらげるためのマッサージの仕方なども紹介します。

そもそも噛み合わせって何?

噛み合わせとは、歯全体の並びと上下の歯の接触で成り立ちます。上下の顎は主に骨と筋肉で成り立ち、上顎は頭蓋骨の一部なので固定されていますが、下顎はその上顎にぶら下がっているような状態です。下顎は顎関節が視点となることで顎が動きます。さらに下顎には強い筋肉と靭帯があることによって複雑な動きもできるようになっています。それらが動くことで、食べ物を噛むための顎の上下の動きや、口を大きく開けてあくびをするなどの口の開け閉めだけでなく、食べ物をかみ砕くために上顎と下顎が左右にずれる動きなどもできるのです。

何をすると噛み合わせが悪くなるの?

歯並びが悪い、顎が小さい、などもともとの体の作りが原因になっている場合もありますが、普段の生活のくせも噛み合わせに影響します。たとえば食べ物を食べるときに片側だけで噛んでいたり、頬杖をよくついたり、歯ぎしりをしていたり、寝ているとき片側だけ下にして寝ている、など様々です。それらは長年のくせになっていることが多いので、自分で気づくには難しいケースが多いようです。

噛み合わせが悪いとどうなるの?

噛み合わせが悪いと次のような症状があらわれることがあります。
・頭痛
・肩こり
・腰痛
・不安、イライラ
・顎関節症
・歯の摩耗、破損
・歯周病
・歯頸部の欠損
・耳鳴り
・めまい
・目の疲れ
このように、全身の不調は、噛み合わせが悪いことによって起きているかもしれないのです。噛み合わせが悪いと、歯の高さが変わり、頭の位置が変わってしまいます。頭の位置が変わると、筋肉のバランスが崩れて体に不調が起きてしまうのですが、人体の作りはとても優秀で、筋肉のバランスが悪くなっても調整機構が調整してくれています。しかし残念なことに調整機構にも限度があり、限界を超えてしまうと、上記のような症状が出てきてしまうのです。バランスが崩れて筋肉が緊張状態になると、頭痛や肩こりなどの症状が現れます。さらにこれらが、背骨や坐骨、ひざなどにも悪い影響を与えてしまうのです。

噛み合わせが悪い状態を治すには?

噛み合わせが様々な症状を引き起こすことがわかったところで、どうすれば噛み合わせが治り、それらの症状が出なくなるのか知りたいですよね。まず、根本的な治療として、噛み合わせを治すには矯正治療があります。最近は矯正治療を専門としている歯科も数多くあります。そして矯正治療の他にもマウスピースを作成してもらっての治療などもあります。まずは、かかりつけの歯科で相談してみてください。これらの治療をし、噛み合わせがよくなったら症状がなくなるのかと思いきや、完全に症状がなくなるとは言い切れないようです。なぜなら、噛み合わせが悪い状態のときの筋肉のバランスはすでに体に染み付いており、噛み合わせを良くして正常なバランスに変えようとしても、筋肉はもともと染み付いているバランスに戻そうとしてしまうのです。こうなってしまうと根本を解決してもまだ症状は出てきてしまいますので、整体院などで見てもらうことも必要になるかもしれません。しかし、噛み合わせ治療は根本からの改善になるので、健康な体になれるという大きなメリットがあると言えます。

頭痛に効くマッサージとは?

なかなかすぐには治りにくい頭痛ですが、実はマッサージや体操によって、つらい頭痛が改善するかもしれません。手軽にできるものが多いので、ぜひ画面の前でやってみてください。

顎関節症の症状を和らげるマッサージ

顎関節症には様々、複合的な要因が考えられますが噛み合わせの悪さが一因となって顎関節症を引き起こすことがあります。顎関節症は頭痛などの様々な症状を引き起こします。顎関節症は噛み合わせの悪さによる筋肉の緊張が原因で頭痛になっている可能性があるので、筋肉をほぐすためのマッサージをしてみてはいかがでしょうか。

①手の指先に力を入れながら、首の後ろを抑えて、ゆっくりと前に滑らせるように移動する。
②こめかみに指先を当て、少し力を入れながら円を描くように回す。
③頬や顎の関節部分に指先を当て、少し力を入れながら円を描くように回す。

顎の筋肉をほぐすマッサージ

顎の筋肉が噛み合わせに対していかに大事かがわかってきたところで、顎の筋肉もほぐしてみましょう。

①こめかみ部分に手のひら全体を包むように当てます。
②奥歯をぐっと噛みます。内から外へ少し盛り上がったところが側頭部にある筋肉(側頭筋)です。
③その部分を少しずついろいろなところへ押していくと、痛いところや、しこりになっているようなところが見つかるかと思います。
④その見つけた部分を指の腹を使って、円を描くように少し力を入れて押していきます。

下顎の筋肉、咬筋(こうきん)をほぐすマッサージ

咀嚼するときに使う筋肉で、咬筋という筋肉があります。咬筋もマッサージでほぐしてみましょう。

①口全体をリラックスさせ、力を抜きます。顎に力が入らないように口を閉じます。
②頬骨の下に少しくぼんだ所があります。そこを親指以外の4本の指でかるく支えます。
③そのままぐっと奥歯を噛むと少し盛り上がる部分があり、そこが咬筋です。
④噛むのをやめ、口の力を抜いた状態で4本指をつかい円を描くように押します。ゴリゴリとする部分があったら、そこは咬筋の凝っている部分です。少し力を入れながら4本指で押しながらほぐしていきましょう。

頭痛に効くかもしれないツボ

そのツボをぐっと押してあげるだけで頭痛に効果があるかもしれないツボがあります。それは「風地(ふうち)」というツボです。そこを押すだけで頭部や首の血流がよくなり、頭痛も解消されるかもしれません。首の後ろのうなじ部分をぐっと押していくと左右にへこむ場所があり、そこが風池のツボです。親指や人差し指で上に向かってぐっと押してほぐしましょう。その部分に、蒸しタオルなどを当てるのも、血流を良くするのに効果的です。リラックス効果もあるので、パソコン作業などで疲れがたまっているときにもおすすめです。

顎と舌の筋肉を鍛える顔の体操

顔をしっかり動かして顔全体の筋肉が鍛えられることで、噛み合わせや歯並びなどにもいい影響をあたえる顔の体操があります。お風呂に入りながら、テレビを見ながらなどでも出来るので思い出したらぜひやってみてください。

①口を「あー」と大きく、のどの奥が見えるくらいまで開く。
②「いー」と、前歯がしっかりと見えるくらい口を横に伸ばすように広げる。
③「うー」と言うような状態で、口全体をとがらせて前にしっかり突き出す。
④舌全体を出して「べー」の状態で口をしっかりと開ける。

①~④で1セット、これを1日当たり30回、毎日続けてやることをおすすめします。全て思い切りやらなくてはならないので結構疲れますが、顔の筋肉が鍛えられて健康な体へ近づくかもしれません。

まとめ

噛み合わせが悪いと、筋肉のバランスを変えてしまい、頭痛だけでなく様々な症状を引き起こします。自分の噛み合わせが気になる方は、まずはかかりつけの歯科で相談してみてください。しかし、噛み合わせを良くしても筋肉に染み付いたバランスを変えることはなかなか難しいので、頭痛や肩こりがひどい場合には整体院に行くことをおすすめします。また、マッサージすることで血流がよくなり、日頃の辛い頭痛も和らぐかもしれません。手軽に出来るものが多いので、ぜひ試してみてください。