保険/保険外のインレーの種類と選び方 | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院
2017年2月7日

虫歯で削った穴にする詰め物をインレーといいます。インレーには数種類あり、どのインレーを選ぶかによって費用が大きく変わってきます。たくさんの種類があってどれにしてよいかわからない!という方のために、それぞれのメリット・デメリットを紹介いたします。

詰め物②

そもそも選択肢はあるの?

今まで幾度も虫歯治療を受けてきたけども、どの詰め物にするかなんて聞かれたことがないという方もいると思います。
基本的には健康保険証を提示した時点で保険内の診療を希望しているという意思表示になります。また保険内診療を行っている歯科医院は保険外診療を積極的に勧めてはいけないという取り決めがあるため、必要性がなければ保険適用の素材が使われます。
もちろん必要性があると医師が判断すれば保険外のものを進められることもあります。基本的にどの素材が適しているのかは医師の判断に従うべきですが、知識を深めておけばより納得した治療が受けられるはずです。

保険適用の素材

保険適用内の素材であれば1万円以内での施術が可能です。保険内の診療ではこちらの素材がつかわれます。

レジン

レジンと呼ばれる合成樹脂の詰め物です。見た目は白く、前歯から奥歯の浅い充填まで幅広く使われます。デメリットとして、変色しやすい、耐久性が低いため深い穴の充填には対応できない、劣化しやすいなどが挙げられます。

メタル

金銀パラジウム合金を使った金属の詰め物です。耐久性があるため奥歯の充填に使用されます。一方で硬すぎるため噛み合わせの歯を傷つける恐れがあります。また銀色をしているため審美性にかける、金属が溶け出し歯茎が変色する恐れがあります。

保険適用外の素材(自費)

審美性や機能性を追求した素材は保険外となります。一本あたりが万単位になります。

セラミックインレー

セラミックでできた修復材です。透明感のある白さのため見た目がよくなります。また着色しにくく汚れもつきにくいため美しさを保つことができます。デメリットは、強度に問題があり割れやすい点です。

ハイブリッドインレー

レジンとセラミックの中間の素材です。レジンの安価さと、セラミックの審美性を兼ね備えた修復材です。ただし保険適用外のためレジンよりは高価で、セラミックに比べると白さに欠けます。なお、ハイブリッドセラミッククラウン(被せ物)は保険適用内になりました。

ジルコニアインレー

セラミックの一種のジルコニアが使われている詰め物です。セラミックの美しさと金属並の強度を兼ね備えた素材です。金属アレルギーの心配もありません。ただし強度がありすぎるため噛み合わせの歯を傷つける恐れがあります。

ゴールドインレー

金合金や白金加金でできた詰め物です。天然歯に近い硬さのため噛み合わせの歯を痛めません。また歯に適合しやすいため緊密に詰めることができ虫歯になりにくい特徴があります。歯茎の変色もありません。ただし金色をしているため、審美性に欠けます。

インフォームドコンセント

このように保険適用内外でそれぞれメリット・デメリットがあり、高額だからといって欠点がないわけではありません。詰め物の素材に複数選択肢がある場合は、説明をしっかりと受けて納得した上で決めましょう。ただし、どんな修復材を使っても施術者の腕次第で出来も変わってきてしまうものです。詰め物からできる虫歯(二次カリエス)のリスクを減らすためにも信頼している先生の元で施術を受けるのが一番です。