アニメ「龍の歯医者」スタート!龍を弱らせる虫歯菌とは? | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院
2017年2月8日

今月NHK BSプレミアムにて放送予定の「龍の歯医者」が話題となっています。新米歯医者の少女が巨大な龍の歯を虫歯菌から守るというユニークな内容となっていますが、その世界観は意外とわたしたちにとって共通するものがあるのではないかと思います。歯科業界でも話題のアニメ「龍の歯医者」について紹介いたします。

龍

「龍の歯医者」あらすじ

龍の歯医者のあらすじを紹介します。

彼の国には龍が棲んでいる──

神話によれば、古の人々との契約により、龍は人を助け、人は龍を助けるという…

舞台は “龍の国”。

主人公は、国の守護神 “龍”を虫歯菌から守る新米・歯医者の野ノ子。

隣国との戦争が激化する中、ある日彼女は、

龍の歯の上で気絶した敵国の少年兵を見つける。

少年の名はベル。

大きな災いの前に龍が起こすと言われる不思議な現象で、

巨大な歯の中から生き返ったものだった。

自らが置かれた状況に戸惑うベル。そして彼を励まし、

彼を龍の歯医者として受け入れる野ノ子。

激しい戦いに巻き込まれながら、二人はやがて自らの運命を受け入れて行くことに…

かつてない壮大なスケールで描かれる冒険ファンタジー!

「龍の歯医者」公式サイトより引用http://www.nhk.or.jp/anime/ryu/

虫歯菌が龍の弱点

多くの人が経験しているように、虫歯はわたしたちにとって身近な病気です。強いイメージのある龍の弱点が虫歯菌なんて、ちょっと意外でかわいらしくもありますね。しかし虫歯は進行すると歯を失ってしまう恐ろしい病気です。
わたしたちの世界で有名な虫歯菌といえばミュータンス菌です。ミュータンス菌は歯を溶かしてしまう酸をだすことによって虫歯を作ります。繁殖力も強く、風邪と違って自然治癒することはありません。この虫歯菌がアニメ内でどのように描かれるのか楽しみですね。

歯は力の源

アニメでは、龍にとって歯が力の源であり、また弱点でもあるとされていますが、それは人間にとっても同じことで、歯と健康は切っても切り離せない関係にあります。
歯が失われると、食生活や社会生活に支障をきたしますし、歯の疾患から糖尿病や心臓病などの全身疾患に繋がることもあります。歯は人間の生きる力と言っても過言ではありません。 もし龍が歯を失ってしまったらインプラントをするのでしょうか?その場合、被せ物はきっと伝説の素材を使っているのでしょうね。

放送予定日

アニメ「龍の歯医者」は、2月18日と2月25日の夜8時より放送予定です。アニメという媒体を通して、多くの人達が歯の健康への興味を持つきっかけになったら良いですね!