見せる派?見せない派?働く大人のための歯列矯正 | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院
2017年2月16日

矯正といえば、笑った時に見えるギラッとした銀色の器具。子供の頃はよく見かけましたが、あれを大人になってから付けるにはちょっと抵抗がありますよね。人と会う仕事なら尚更です。今更ながらに子供の頃矯正をしておけばよかったと思う方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方のために、本日は働く大人のための目立たない矯正を紹介します。

働く大人の矯正

大人の矯正で叶うこと

そもそも大人の矯正と子供の矯正の目的が違うのをご存知ですか?子供の矯正である小児矯正は、永久歯への生え変わりの時期に行われ、永久歯が正しく生えるよう顎の発達を促すためのものです。対して大人の矯正である成人矯正は、曲がって生えてしまった歯列を直して見た目を良くするだけではなく、噛み合わせを修正することで身体全体のバランスもよくなり、ズレから生じていた頭痛や肩こりの改善が期待できます。

目立たないワイヤー矯正

歯の表面にブラケットとよばれる矯正器具を取り付け、それをワイヤーで引っ張ることで少しずつ歯を動かしていく方法です。従来の矯正はブラケットやワイヤーが金属であるためギラッとした印象になってしまっていましたが、最近では審美性を高めた目立たないタイプのブラケットやワイヤーが登場しています。

裏側矯正

矯正器具を歯の裏側に取り付ける方法です。表から器具が見えないため目立たずに矯正が可能です。

クリアブラケット

ブラケットが透明なプラスチック素材でできているため、どんな色の歯でも目立ちません。

セラミックブラケット

セラミックを使用したブラケットです。白色をしているため歯に馴染みます。またつるつるしていて汚れがつきにくい材質です。

ホワイトワイヤー

白くコーティングされているワイヤーを組み合わせることでさらに目立たなくなります。

ワイヤレス矯正(マウスピース)

ワイヤーやブラケットを使わない、マウスピースの矯正です。矯正期間中、何度か型を取り替えながら徐々に動かしていきます。透明で薄いマウスピースなので取り付けていても目立ちません。また食事や歯磨きの際には取り外しも可能です。通常と同様な食生活を送ることができます。

見せる矯正

あえて見せるタイプの矯正も登場しています。デザイン性を高めた矯正は、もはやファッションアイテムの一つとなっています。

カラーモジュール

モジュールとはブラケットにワイヤーを固定する輪ゴムのことです。カラフルなモジュールをあえて見せることでおしゃれを楽しむことができます。中にはキャラクターの形をしたゴムもあります。

矯正でよりよい社会生活を!

美しい歯並びは人の印象を良くします。人間関係が広がり社会的な評価にもつながる可能性があります。また歯列の改善は健康にも良い影響を与えます。
転職のため、キャリアアップのため、おしゃれのため、若さと健康を保つため、よりよい社会生活を送るために、大人の矯正はじめませんか?