インプラントとブリッジどっちがいいの?メリット・デメリットを徹底比較! | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院
2017年3月7日

虫歯や事故で歯を失ってしまった!歯の補綴のために、インプラントかブリッジ、どちらにすればよいか迷っている方もいるかと思います。
インプラントとブリッジにはそれぞれメリットとデメリットがあり、人によって向き不向きがあります。インプラントとブリッジを検討している際に、参考にしていただけると幸いです。

インプラントとブリッジ

ブリッジとは

ブリッジは、ひとつなぎの義歯を被せることによって欠損を埋める方法です。被せるために欠損している両隣の歯を削って形を整える必要があります。

メリット

ブリッジのメリットは、素材や本数によっては保険適用が可能である点です。経済的に治療を行うことができます。

★1~2本であれば保険適用可能(1~3番までは白いレジン4番以降は金属になる)
★固定式なので噛みごたえが自然
★外科的な手術はなく、短期間で治療が終わる
★一般的な方法であり、多くの歯科医院で受けることができる

デメリット

デメリットとしては、健康な残存歯がなければ治療を行うことができないことや、残存歯を巻き込んだ治療を行わなければならない点が挙げられます。

☆健康な歯を削る必要がある
☆削った歯が虫歯になった場合、最初からやりなおさなければならない
☆土台となる歯が必要なため、前後の歯が残っていないと使えない
☆保険素材の場合、変色が起きたり金属アレルギーのリスクがある
☆欠損箇所は骨吸収が起きてしまう

インプラントとは

インプラントは、欠損箇所に土台となる人工の歯根を埋め込み、そこに人工歯を取り付ける方法です。

メリット

インプラントのメリットは、身体親和性の高い素材を骨に埋め込むために、自分の歯と同じ感覚で使えるということでしょう。また、治療の際には他の歯に影響を与えません。

★他の歯にダメージを与えない
★見た目も機能も健康な歯と遜色ない
★骨の吸収がない
★歯の本数が少なくても可能

デメリット

先天的な障害や事故によって広範囲に歯を失っていない限り、保険外の自費診療となります。虫歯や歯周病で失ったものについては対象外なので、ほとんどのケースで自費となります。デメリットは以下の通りです。

☆自費診療のため高価
☆土台を支えられるほど骨が残っていないと治療ができない
☆外科的な手術が必要で、期間がかかる
☆糖尿病の場合は不可
☆施術者の技量に差がある
☆メンテナンスを怠るとインプラント周囲炎になる恐れがある

結局どっちがいいの?

インプラントとブリッジ、どちらが適しているかは、上記のメリットとデメリットを考慮すると、お財布状況、残った歯や骨の状態、外科手術の可否などの要素が関わってきます。あくまで判断材料の一つに過ぎませんので、信頼できる歯科医師に診断してもらい、指示に従ってくださいね。

★ブリッジが向いている人

・お財布事情的に保険適用がいい
・歯周病を患っているなど、骨の痩せ方がひどい
・外科手術を行いたくない、何らかの理由でできない
・治療期間が短い方がいい

★インプラントが向いている人

・交通事故などで歯を失うなど、骨の量が十分にある
・歯の本数が少ない
・歯を削りたくない
・健康な歯と遜色なく使いたい
・金属アレルギーがある