ホワイトニングと虫歯はどちらが先?ホワイトニングのタイミングについて | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院
2017年3月23日

オフィスホワイトニングのために診療を受けたら、虫歯が見つかってしまった!
一刻も早く歯を白くしたいけど、ホワイトニングと虫歯治療、どちらの治療を先に行うべきなのでしょうか?
虫歯の他にも、インプラント治療、親知らずの抜歯、歯列矯正など、様々なケースでのホワイトニングのタイミングについてまとめてみました。

ホワイトニングと虫歯

ホワイトニングと虫歯治療はどちらが先?

虫歯がある歯のホワイトニングを行う場合、原則として虫歯治療を先に行います。
しかし虫歯治療で行った詰め物は、ホワイトニング後に周りの歯との色合わせが必要になります。つまり【虫歯治療→ホワイトニング→再度詰め直し】と、二段階の治療が必要になるのです。この治療が手間になるために、虫歯の進行度合いによってはホワイトニングの後に虫歯治療を行うこともあります。
C1までの軽度の虫歯であれば、ホワイトニングの後の治療でもさほど問題ないと判断されます。C2の虫歯になると、患部にホワイトニング剤が触れるとしみますのでカバーをしてホワイトニングを行うケースもあります。ただしC3の神経に達しているような重度の虫歯の場合は、何もしなくても痛みがありますので直ちに治療が必要です。

ホワイトニング→軽度の虫歯治療
重度の虫歯治療→ホワイトニング

ホワイトニングとインプラント治療はどちらが先?

ホワイトニングとインプラントの場合は、詰め物と同じ理由で、ホワイトニング後の歯の色とインプラントの被せ物の色を合わせるために、ホワイトニング後に被せ物を行うことになります。ホワイトニングでどの程度歯が白くなるのかは個人差があるため、必ずホワイトニング治療後の歯の色に合わせて、インプラントの被せ物を作ります。
ただしホワイトニングを行った歯は徐々に色戻りしてしまうため、義歯部分との色合いを保つためには継続的なホワイトニング治療が必要となります。
同様に、クラウン、ブリッジ、ラミネートベニアなどの補綴治療はホワイトニング後に行われる傾向にあります。

ホワイトニング→インプラント(被せ物)

ホワイトニングと親知らずの抜歯はどちらが先?

親知らずに重度の虫歯ができていたり炎症が起きているなど緊急性のある治療が必要な場合には、先に抜歯を行ってからホワイトニングを行います。親知らずが埋まることなくまっすぐに生えている場合は、他の歯と同じようにホワイトニングが可能です。

親知らず抜歯→ホワイトニング

ホワイトニングと歯列矯正はどちらが先?

矯正を行ったあとにホワイトニングを行うのが理想ですが、矯正には時間もかかりますので器具をつける前であればホワイトニングを先に行っても問題ありません。ただし矯正器具を歯の表面に付けた後ではホワイトニングはできないため、白さを保つためには矯正が終わった後に再度行う必要があります。
ただし矯正の方法によっては矯正中のホワイトニングも可能です。マウスピースによる矯正であれば、器具を付けないためにホワイトニングが可能です。また、矯正器具を裏側に取り付ける裏側矯正であれば、矯正中のホワイトニング治療が可能です。

【どちらでもOK】ホワイトニング→表側矯正→ホワイトニング

【同時OK】裏側矯正・マウスピース矯正↔ホワイトニング

全部やりたい場合にはどんな順番になるのか

ホワイトニングと、虫歯治療、インプラント、親知らずの抜歯、歯列矯正をすべて行うとなった場合、まとめると下記のような順番になります。なお、虫歯治療と矯正を同時に行う場合は、必ず虫歯治療を行ってからの矯正となります。また矯正とインプラントでは、通常矯正を先に行います。

虫歯治療・親知らず抜歯→歯列矯正→ホワイトニング→インプラント(被せ物)

今回はオフィスホワイトニングの順番でしたが、ホームホワイトニングの場合はマウスピースを使うため、すべての治療を終えてからホワイトニングを行う必要があります。
一人ひとりお口の状態は異なりますのでこの限りではありません。必ずかかりつけの歯科医師の指示に従ってくださいね。