大人矯正 | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院

大人矯正

大人になってからの矯正が増えています。矯正といえば歯並びをきれいにするなど審美性を高める目的だけではなく、噛み合わせの不具合から起こる顎関節症や頭痛や肩こり、腰痛などの全身疾患の治療手段としても用いられています。

大人矯正

1 大人矯正について

大人になってからの矯正は、歯も生えそろい顎の骨が成長しきった状態で行われるため、歯を動かす余裕のない場合には抜歯も伴います。子供の矯正と異なり、成長も止まっているため不測の事態が起こりにくく、計画的に行えるのが特徴です。

2 大人矯正の種類

矯正の方法も様々あり、症状によって使い分けられています。審美性の回復だけを目的とするものもありますが、ほとんどの場合機能性の改善にもつながります。基本的に矯正は時間がかかるものなので使用する器具とは長い付き合いになります。矯正期間を少しでも普段通りに過ごせるよう、審美性を高めた器具が多く開発されています。

2.1 ブラケット矯正

ブラケットと呼ばれる器具をつけて、徐々に歯を動かしていく治療法です。歯の表側と裏側に取り付けるタイプがあります。多くのケースで適用できるためほとんどの矯正はこの方法が使われています。金属製のメタルブラケットの他、審美性を高めた目立ちにくいクリアタイプやセラミック製のブラケットが存在します。症状にもよりますが、半年~3年ほどかけて直していきます。

2.2 マウスピース矯正

オーダーメイドのマウスピースをつけることで徐々に歯列に癖をつけていきます。着脱が自由で食事の時などは取り外すため、必然的に着用時間が短くなり矯正に時間がかかってしまいます。簡単な矯正に向いている方法です。矯正は1~2年ほどかかります。

2.3 補綴矯正

歯を削り、人工の素材を取り付けることで歯の形を整える方法です。歯の表面を削り薄いセラミックを取り付けるラミネートベニア、歯の根を残して削り人工歯の被せ物(クラウン)をする方法があります。ホワイトニングの手法としても用いられます。歯を動かすと言うよりは削って整える方法なのですぐに審美性を高めることがきますが、歯に負担がかかります。また一部の歯の向きや形を整えることはできますが、全体的な噛み合わせの問題改善は期待できません。

2.4 ダイレクトボンディング法(レジン充填)

すきっ歯や欠けた歯にレジンと呼ばれる人工樹脂を塗り、形を整える方法です。こちらも歯の形だけでなく色味の調整も可能です。削らずに治療できるため歯への負担が少なく済みますが、施術者の技量によっては仕上がりに差が出ることもあります。また一部の審美性の回復はできますが、噛み合わせなどの機能を改善する目的での大きな矯正には向いていません。

2.5 外科矯正

顎の骨を削るような大きな手術を伴う矯正です。重度の噛み合わせ異常が見られた場合などに用いられます。

3 治療費

一部の先天的な疾患を除き、保険適用外の自費診療となります。40~100万円ほどになります。

4 メリット

歯並びがよくなり口元の印象が良くなるだけではなく、噛み合わせを適正に直すことで機能の改善が見込めます。噛み合わせに起因していた全身疾患も回復されます。また歯磨きがしやすくなることから、虫歯や歯周病にかかりにくくなります。

5 デメリット

矯正は保険適用外のため治療費が高額になります。また適切な治療が行われないと、噛み合わせ異常や顎関節症を引き起こすリスクがあります。歯を動かすブラケットやマウスピースを使った矯正は、痛みを感じたり慣れるまでは不快感があります。また治療に時間がかかることや歯磨きがしにくいため虫歯のリスクが上がるなどのデメリットがあります。一方歯を削る矯正は短期間で治療が可能な代わりに歯に負担がかかります。