オールセラミッククラウン | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院

オールセラミッククラウン

欠けた歯や変色した歯の審美性を高める方法として、クラウン(被せ物)による治療があります。中でもオールセラミッククラウンはその名の通りすべてセラミックによってできている素材です。主に前歯の治療に使われレジンや金属を使った保険適用のクラウンとくらべて多くのメリットがあります。

オールセラミック

1 オールセラミッククラウンについて

クラウンはもともとある歯の根を残して削り、人工の歯を被せる治療法です。オールセラミッククラウンは、セラミックインレーと同様、白く透過性があるため、自然で美しい歯にすることができます。裏側も白くつるつるとしていて汚れがつきにくいです。保険適用の前歯のクラウンには、レジン製のものがありますが、レジンは時間が経つと変色してきてしまいます。また金属を使ったクラウンは強度がありますが、黒い変色の恐れがあり特に前歯の場合は審美性に問題があります。

2 治療費

オールセラミッククラウンは保険の対象外となります。1本あたり8万~15万円ほどになります。

3 メリット

見た目が美しく自然です。汚れがつきにくく劣化しにくいため清潔な状態を保つことができます。そのため新たな虫歯ができにくいというメリットがあります。また金属アレルギーの心配もありません。

4 デメリット

保険診療外のため高価になります。金属を一切使わないため強度に不安があります。そのため奥歯には使えません。また被せる前に歯を削る必要があるため、歯への負担が大きくなります。