セラミックインレー | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院

セラミックインレー

虫歯治療で削った歯を補綴する方法としてインレー(詰め物)による修復方法がありますが、保険適用のインレーは銀色の金属のため、見た目が悪かったりアレルギーを引き起こすといった問題があります。そこで機能性や審美性を高めた素材として多く使われているのがセラミック製のインレーです。

セラミックインレー

1 セラミックインレーについて

インレーは人工の素材で詰める箇所の型を取りはめ込む治療です。セラミックインレーは白くつるつるとした材質で、歯につけた際に非常に自然な見た目になるのが特徴です。保険適用の銀歯は金属アレルギーを引き起こしたり金属が溶け出し周りの歯や歯肉が変色してしまう恐れがありますが、セラミックの場合その心配がありません。

2 治療費

セラミックインレーは保険の対象外となります。3万~15万円ほどになります。ハイブリットセラミックインレーという、セラミックにレジンが混じった廉価版の素材もあります。

3 メリット

見た目が美しく自然です。歯に隙間なくつけることができ、汚れがつきにくく劣化しにくいため清潔な状態を保つことができます。そのため新たな虫歯ができにくいというメリットがあります。また金属アレルギーの心配もありません。

4 デメリット

保険診療外のため高価になります。金属に比べると強度が劣るため、割れる可能性があります。少しでも強度を高ようと厚めに作ると、歯もその分削らなくてはならないため、負担が大きくなります。