噛み合わせ | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院

噛み合わせ

上下の歯がずれている、歯並びが悪いと噛み合わせに異常が出てきます。噛み合わせの異常は虫歯や歯周病のリスクが高まるほか、骨が歪むことで顎関節症の原因となったり顔全体の歪みが起きます。またその歪みは肩や頭、全身の骨にまで影響を及ぼし、肩こりや頭痛、腰痛を引き起こします。このように歯の噛み合わせは体の様々な箇所に影響を及ぼすのです。

噛み合わせ

1 噛み合わせが悪くなる原因

噛み合わせが悪くなる原因として、次の事項が挙げられます。

1.1 歯が抜けたまま放置している

抜歯後放置していると、骨の退化による収縮が起きたり、周囲の歯が曲がって生えることで噛み合わせが悪化します。

1.2 歯ぎしりが多い

歯ぎしりが多いと、歯や歯を支える骨に負担がかかり結果として歯並びに影響を及ぼします。噛み合わせが悪いことでさらに歯ぎしりが悪化するので、歯ぎしりと噛み合わせは相互に関係しあっています。

1.3 姿勢が悪いなどの体の癖

ネコ背などで姿勢が悪いと骨が歪み、歪みは歯にも影響を及ぼします。またいつも同じ側で噛むといった癖も原因となります。

1.4 顎の発達障害

先天的に顎の骨に異常があったり、柔らかいものばかり食べて顎を使わないと十分に発達しないため、噛み合わせに問題を引き起こします。

1.5 歯科治療の不備

虫歯治療で入れた詰め物の高さが違ったり、矯正治療で不備があった場合も噛み合わせの異常の原因となります。

2 噛み合わせの治療

噛み合わせの治療はまずマウスピースを使い顎の骨の安定化を図ります。その後、インプラントなどの補綴治療や矯正治療によって治していきます。

2.1 スプリント治療

まずスプリントと呼ばれるマウスピースを使って、噛む力の矯正をし、噛み合わせを適正化していきます。

2.2 補綴治療

詰め物や被せ物で噛み合わせの高さを調整します。歯がない場合はインプラントを入れることで歯並びを維持したり噛む力の調整を行います。

2.3 矯正治療

矯正器具を使い、適正な歯並びに調整します。

3 治療費

一部先天性の疾患を除き、噛み合わせの治療は保険適用外となります。

4 メリット

噛み合わせの改善を行うことで、肩こりなどの全身症状を改善が見込めます。また虫歯や歯周病などの予防にもなります。

5 デメリット

噛み合わせの治療は保険適用外となるため、高額になります。また、治療したからといって全身症状が必ずしも改善されるわけではありません。