根管治療 | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院

根管治療

入れ歯やインプラントに頼ることなく、いつまでも自分の歯で。歯を長期的に残すため重要とされるのが、根管治療です。

根管治療

1 根管治療について

根管とは、歯の血管や神経が通っている管です。この内部に虫歯の菌が入ってしまうと、血管や神経が蝕まれ我慢できないほどの痛みを感じます。根管治療は、そんな管内の病気を治したり、または未然に防ぐために、根管内の神経を取り除き人工の充填物をいれることで歯を抜くことなく長生きさせるための治療です。

2 根管治療の治療内容

虫歯の菌が神経に達してしまい激痛に悩まされた経験がある方は多いと思います。その際、根管治療ではまず根管内の神経を取り除きます。その後、根管内に入り込んだ菌を取り除くため、ファイルと呼ばれる針金のようなやすりを使います。そして根管内を消毒、薬を詰め、菌の住みかをなくします。

3 治療費

保険適用内での治療も可能ですが、治療に使える器具が限られてくるため再発のリスクがあります。保険外の自由診療の場合、マイクロスコープ(顕微鏡)での診療や最新の充填素材を使うことができるため、より精度の高い治療が可能です。ただし、治療費は数万~数十万円程になります。

4 根管治療のメリット

神経にまで達する虫歯などへの治療方法として、抜歯しインプラントを入れるという選択肢もありますが、一方で根管治療は抜歯することなく、自前の歯を残すことができます。

5 根管治療のデメリット

保険内の診療だと治療方法が限られるため、細菌感染のリスクが高くなります。感染により再治療が必要になると通院の回数が増え、それに伴って治療費がかさんでしまいます。