口臭治療 | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院

口臭治療

他人とのコミュニケーションが行われる上で、口臭は避けて通れない問題です。自分の口臭、相手の口臭、だれもが気になったことがあるのではないでしょうか。口臭は自分では気づきにくく、また他人からも指摘されにくいため、知らず知らずのうちに人間関係に悪影響を及ぼしている可能性があります。

口臭治療

1 口臭の原因

口臭の原因は、硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドなどの揮発性の硫黄化合物です。これらは口内の死滅した細胞や食べかすに含まれるタンパク質が細菌に分解された際に発生します。多くは、舌苔と呼ばれる舌の汚れから発生しています。また歯垢(プラーク)内の細菌から発せられる毒素も、悪臭の原因となります。これら悪臭物質の発生には、生理的な原因、病的な原因が関わっています。

1.1 生理的口臭

口臭はだれにでもありますが、それが生活行動により条件が揃った時に強まることがあります。例えば起床時や食前など唾液の量が少ない時は、唾液の自浄作用が弱まり細菌が増え口臭が強まります。ストレスが原因で口臭が強まることもあります。極度の緊張状態にあると唾液の量が減り、口臭が出ます。生理的な口臭は硫化水素が多く含まれます。

1.2 病的口臭

歯周病など口腔内の疾患と、その他消化器、呼吸器、鼻咽喉などの全身疾患により、口臭が出ることがあります。歯周病は、歯周ポケット内の細菌が発生する毒素が悪臭メチルメルカプタンを発します。

1.3 一過性の口臭

にんにく、玉ねぎなど臭いの強い食べ物や、乳製品などの高タンパクな物質、タバコやアルコールを摂取した際、一時的に呼気から臭いが発せられます。口臭とは異なります。

2 口臭治療の種類

口臭治療を専門としている口臭外科で受けられる治療を紹介します。口臭外科は、一部の歯科に併設されていたり大学病院内の一診療科としてあります。多くは歯科医師による診療になります。

2.1 検査

口腔内の検査を行います。通常の検診の他、口臭測定により、臭いの元の物質を特定したり、唾液検査を行い、虫歯や歯周病の原因菌の量を検査します。また尿検査により全身疾患の有無を調べます。結果により、別の科での受診を進められることもあります。

2.2 口腔内の洗浄

舌ブラシを使って舌苔の除去を行ったり、プラークや歯石の除去を行います。口腔洗浄液を使って、菌の増殖を抑えます。

2.3 疾患の治療

検査により虫歯や歯周病が見つかったら治療を行います。別の病気が見つかれば症状に適した科へ紹介されます。

2.4 予防指導

歯磨きのトレーニングや禁煙など生活習慣の改善指導を行います。

3 治療費

口臭検査やカウンセリングは保険適用外の自費診療となります。疾患の治療は保険適用となります。

4 メリット

口臭は何らかのサインなので、病気の早期発見や生活習慣の改善にもつながります。また口臭の心的ストレスもなくなり明るくなります。

5 デメリット

口臭検査は保険適用外となり、通院回数によりますが2~10万円かかります。口腔外科を併設している歯科の数は多くなく、受診する機会が限られます。また口臭の原因は生活習慣に起因するため、病院に行ったからと言って必ずしも治るわけではなく本人の努力が不可欠です。