虫歯治療 | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院

虫歯治療

歯を失う主な原因は虫歯と歯周病です。歯周病は年齢が進むにつれ増える病気ですが、虫歯は小児から成人まで幅広い年代で起こる歯の疾患です。多くの人にとって身近な病気の一つです。

虫歯治療

1 虫歯の原因

虫歯の原因となる虫歯菌(主にミュータンス菌)は、唾液に生息しています。元々生まれ持った菌ではなくほとんどの人が成長の過程で唾液によって感染します。この菌が口内環境によって活性化し歯を溶かすことで虫歯になってしまうのです。どのようにして菌は虫歯を発生させるのか、主に次の3つの要因が挙げられます。

1.1 歯垢(プラーク)の生成

歯の溝、歯と歯の間、歯肉の隙間、詰め物の隙間などは歯磨きのブラシが届きにくく、食べかすなどが残ってしまいます。虫歯菌はこの食べかすからネバネバした物質を作り出すことで歯の表面に付着し、様々な菌とともに増殖していきます。これが歯垢(プラーク)と呼ばれるもので、虫歯の原因となります。

1.2 糖分の頻繁な摂取

虫歯菌はプラークの中で糖分から酸を発生させます。この酸によって歯が溶けてしまい(脱灰と呼ばれます)虫歯となるのです。糖分を多く含む甘いものを食べると虫歯になると言われるのはこのためです。

1.3 唾液の機能低下

唾液には自浄作用があり、虫歯菌が発生させた酸によって酸性化した口内を正常な状態に戻すことができます。これを再石灰化と呼びます。口内では脱灰と再石灰化が絶えず繰り返されていますが、何らかの原因で唾液の量が減ったり機能が低下すると再石灰化が行われず脱灰が進み虫歯になってしまいます。

2 虫歯治療の種類

虫歯の症状によって治療法も変わってきます。虫歯なりかけ~軽度の虫歯であれば、削らずに簡単な処置で終わりますが、重度の虫歯になると外科手術や抜歯が必要になってきます。虫歯の状態は大きく5つの段階に分けられます。

2.1 CO

要観察歯です。虫歯菌によって歯の表面のエナメル質が少し溶けている状態です。見た目が透明感のない白色をしていることからホワイトスポットと呼ばれます。しっかりと歯磨きをしプラークを取り除くことで再石灰化を促せば回復する可能性があります。またフッ素の塗布も虫歯の進行を遅らせる効果があります。

2.2 C1

歯の表面のエナメル質に少し穴が空いた状態です。薄く削って、レジンなどの詰め物を行います。麻酔は必要ない程度の治療です。

2.3 C2

エナメル質の内部の象牙質にまで穴が空いた状態です。虫歯部分を削り詰め物を行います。象牙質は刺激を与えれば痛みを感じますので施術時には麻酔を施すことが多いです。

2.4 C3

虫歯が歯髄と呼ばれる歯の神経にまで達し、我慢ができない程の痛みが出ます。多くの場合歯髄を取り除く根管手術が必要になります。歯髄を取り除いた後薬剤を入れて塞ぎ、義歯の被せ物をします。数回の通院が必要となり、再発のしやすい難しい手術です。

2.5 C4

歯がすべて虫歯に侵され、見た目はほとんど歯がない状態です。残った組織を取り除いて、インプラント手術などを行います。骨の退化が進んでいる場合は再生手術も必要となります。

3 治療費

保険内診療となります。C1~C2の治療費は数千円ほどです。ただし、詰め物や被せ物の素材によっては保険適用外になり、高額になります。C3の根管治療は使う器具によっては保険適用外になります。虫歯が原因のインプラント治療は適用外になります。