歯科口腔外科 | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院

歯科口腔外科

口腔外科は、歯の治療に加えて、顎や口腔内の大きな病気や顔面の外傷の治療まで広く扱います。切開や縫合が伴うような治療は、一般歯科ではなく口腔外科で行います。歯科口腔外科は、歯科と外科の中間領域に位置しています。

%e5%8f%a3%e8%85%94%e5%a4%96%e7%a7%91%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97

口腔外科について

親知らずや顎関節症、口腔内のできものなど口周りには様々な疾患があり、どんなときに口腔外科を受診したらよいのか判断が難しいこともあると思います。口腔外科は、歯が原因によって起きる疾患や外傷から引き起こされる症状、先天的な疾患などの治療を行う分野とされています。

口腔外科の診療内容

口腔外科で行われている手術には、難しい抜歯や歯根治療、腫瘍摘出や喉や舌の病気の治療などがあります。基本的には口腔内の治療になりますが、中には顔面にメスを入れて手術することや下顎から首にかけて切開する大規模な手術もあります。耳鼻科や形成外科と近しい部分もあり、診療内容が重なることもありますが、例えば顎の骨折などは噛合せに関わるため口腔外科の領域になります。

治療費

保険診療内の治療となります。

メリット

大学病院などの大きな病院の中に入っている口腔外科は、設備が整っている環境で高度な治療を受けることができます。

デメリット

大学病院内の口腔外科の場合、外来を受け付けておらず紹介が必要な場合が多いので、限られたときにしか受診できません。また、場所に限りがあるので通院が不便になります。