審美歯科 | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院

審美歯科

「審美」美の追求、本来の美しさを見極めること
審美歯科は、虫歯や歯周病を治すことだけでなく、見た目の美しさや機能性に焦点を当てた治療のことです。着色してしまった歯を白くしたり歯並びを整えるといった、口周りの環境整備を目的としています。口周りの印象で、その人の生活環境が見えてきてしまうこともあります。人は見た目が9割なんて言われる現代社会において、審美歯科は非常にニーズが高まってきている診療科目です。

%e5%af%a9%e7%be%8e%e6%ad%af%e7%a7%91%e2%91%a0

審美歯科について

審美歯科の具体的な治療としては、歯を白くするホワイトニング、インレー(詰め物)、形を整える矯正などが挙げられます。

治療期間

口腔内の状態により、期間は変わってきます。繰り返しの通院が必要であったり、一回の通院で終える治療もあります。

施術の流れ

まずはレントゲンや口腔内の写真を撮り、具体的な治療内容を決めていくためのカウンセリングを行います。治療後のアフターケアを含め、しっかりと計画を立てることが大切です。治療と並行して歯のクリーニングを行ったりもします。

治療費

保険診療外となります。

メリット

口元に美しさが蘇ると、自信も出て自然と笑顔が多くなります。また口腔環境が正常になると、食べ物が美味しく食べられたり、口臭の改善もできます。

デメリット

保険適用外のため高額であることが挙げられます。ホワイトニングは一度の治療で一生綺麗なままを保つことはできず、時間が経つと再度着色してきてしまうので、白さを保つためにも自分でのアフターケアが必要となります。その点で手間かもしれません。インレーの場合、使う素材によりメリットデメリットがあるため、どれを使用するか見極めが重要です。