歯周病治療 | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院

歯周病治療

歯周病は、虫歯とは違い歯そのものの疾患ではなく、歯を支える歯周組織に炎症を起こす病気です。結果として歯を支えることができなくなり歯を失う原因となります。また歯周病は全身の様々な疾患の一症状として現れたり、また別の病気を引き起こす可能性もある恐ろしい病気です。

歯周病

1 歯周病の原因

歯周病の原因は歯垢(プラーク)内の様々な細菌です。プラークの中の細菌が発する毒素により歯肉が炎症を起こすと歯からはがれてしまいます。すると歯の際に歯周ポケットと呼ばれる溝ができます。この溝にプラークがたまり、歯肉の更に奥へと細菌が侵攻していきます。細菌が歯を支える歯槽骨にまで達すると、骨が溶け始めそれに伴い歯肉も下がっていきやがて歯が抜け落ちてしまいます。

2 歯周病治療の種類

歯周病は初期症状に痛みを伴わないため、その進行に気付かないことが多い病気です。一度退化した歯周組織を元の状態に戻すことは難しく、大きな手術が伴うため、早期の発見をすることで進行を遅らせることが大切です。歯周病の症状別に治療の方法を紹介します。

2.1 歯肉炎

プラーク内の細菌によって歯肉が炎症を起こしている症状です。歯磨きの時に歯肉から血が出やすくなります。軽度であれば指導の元歯磨きによってプラークの除去(プラークコントロール)を行います。また器具を使ってプラークや歯石の除去(スケーリング)を行います。

2.2 歯槽膿漏

歯槽骨が溶け始め、歯がグラついたり、噛んだ時に痛みが出たりします。歯周外科手術が必要になります。歯肉を切り開き、深部まで繁殖したプラークや歯石を取り除くフラップ手術を行います。重度の場合、骨の再生手術で歯周組織を再生させたり、歯肉の形状を治す歯周形成外科手術をした後、義歯を被せたりして歯の機能改善を施します。

3 治療費

歯周病の治療は保険内診療となります。