裏側矯正 | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院

裏側矯正

ブラケット矯正の一種で、歯の裏側に取り付ける矯正器具です。舌側矯正、リンガルブラケットとも呼ばれます。裏側に取り付けるため表からは見えず、器具をつけていることがわからないという審美上のメリットがあります。

裏側矯正

1 裏側矯正について

通常使われているブラケット矯正は歯の表面に取り付けるため、素材によってはかなり目立ちます。しかし裏側矯正は日常に支障をきたすことなく治療が可能なため、芸能人などに多く使われています。表側矯正と変わりない効果を得られます。特に前歯を後ろに動かす矯正の場合は裏側矯正の方が効果的です。

2 治療費

保険適用外の自費診療となります。100~150万円ほどになります。

3 メリット

人にバレることなく矯正を行うことができます。口元への衝撃があっても器具が唇や口内を傷つけることがないので安全です。また歯の表面を傷つける恐れがなく、虫歯のリスクも表側矯正よりも低くなります。舌に触れることで歯を押す舌癖を直す効果もあります。

4 デメリット

裏側矯正は表側矯正と比較すると治療費が高額になります。矯正器具の作成には高い費用と技術が必要なため、治療が受けられる医院も限られてきます。舌側に取り付ける構造上、舌に触れるため違和感を感じたり発音がしにくくなることがあります。