ホワイトニング | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院

ホワイトニング

「whitening」白くすること
ホワイトニングは、コーヒーやタバコなどが原因で茶色く変色してしまった歯を、専用の薬剤を使い白くする施術のことです。笑ったときに見えるのが、白い歯であるか黄ばんだ歯であるかで、だいぶ印象が変わります。多くの芸能人がホワイトニングを行っているのも、歯への印象がいかに重要であるかを物語っています。

%e3%83%9b%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0%e2%91%a0

ホワイトニングについて

ホワイトニングには、医院で治療を行うオフィスホワイトニングと、自宅で行えるホームホワイトニングがあります。


治療期間

歯の着色具合でかかる期間は変わってきます。また一度施術すれば一生白いままではないので、定期的に行う必要があります。オフィスホワイトニングは半年に一度、ホームホワイトニングは2~3年に一度のペースで行うのが理想です。

施術の流れ

オフィスホワイトニングは薬剤を歯に塗布し、特殊な光を当てることで歯を白くしていきます。期間を空けて数回行います。ホームホワイトニングは、医院で自分の歯型のマウスピースを作ってもらい、処方してもらった薬剤をマウスピースに塗布し装着します。一日2時間程度の装着が求められます。

治療費

ホワイトニングは保険診療外となります。ただし歯石除去などの歯のクリーニングは適用内となります。

メリット

ホワイトニングは歯を削ることなく行えるため、負担が少なく何度も施術を行うことができます。オフィスホワイトニングは短時間で歯を白くすることができます。ホームホワイトニングは歯の奥深くまで白くするため、持続性があります。また繰り返しの通院の必要がないため、費用が抑えられるのと、自宅で気軽にできるのもメリットの一つです。

デメリット

オフィスホワイトニングは保険適用外のため高額になります。また短時間で白くなる反面、時間が経つと再び着色してきてしまうため、繰り返し(2~4回ほど)通う必要があります。一回につき数万円かかるため、費用がかさみます。一方ホームホワイトニングは時間をかけての漂白になるため即効性は期待できません。オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを同時に行うことで、より長く美しい状態を保つことができますが、その分お金がかかってしまいます。