ジルコニア | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院

ジルコニア

ジルコニアとは、セラミックの一種でダイアモンドと並べられるほどの美しさと硬度をもった物質です。強度と審美性が両立しており、問題の多い金属に代わって使うことができます。主に奥歯のクラウン(被せ物)や、ブリッジのフレーム部分、インプラントのアバットメント(土台)に使用されます。

ジルコニア

1 ジルコニアセラミッククラウンについて

ジルコニアを使ったクラウンを、ジルコニアセラミッククラウンと呼びます。同じセラミックではありますがオールセラミッククラウンに比べ耐久性に優れ、欠ける心配がありません。セラミックの強度面の欠点を補った材質です。またジルコニアセラミッククラウンはオールセラミックには劣りますが、審美性が高く見た目も自然です。

2 治療費

ジルコニアセラミッククラウンは保険の対象外となります。オールセラミッククラウンよりも割高になります。1本あたり10万~20万円ほどになります。

3 メリット

とても頑丈なため耐久性に優れています。また人体との親和性が高く、アレルギーなどの拒否反応が起きにくい安全な素材です。

4 デメリット

保険診療外のため高価になります。強度が高すぎる故に、自前の歯を傷つけてしまう恐れがあります。またオールセラミッククラウンに比べると審美性が劣ります。