さがみおおのデンタルオフィス 院長 高橋 究理 | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院

マイクロスコープを早期から導入し、精密な診断、治療をされている高橋先生。日本口腔インプラント学会認定施設の役員として後進の指導も積極的にされています。そんな先生に医院の特徴や今後についてなどインタビューさせていただいた。

医院紹介はこちら

DGZI国際口腔インプラント学会 専門医(DGZIドイツ本部認定)
総合インプラント研究センター 理事

先生が歯医者を志したきっかけは?

私の父親が医師で、いとこが歯科医師だったので、医療関係に興味をもっていました。その影響が大きかったのかなと思います。また、元々手先が器用でいろいろなものを作ることが好きだったので、歯科医師を目指すことにしました。

さがみおおのデンタルオフィスの特徴を教えてください。

当院の治療方針は、極力患者様が望む治療、もしくは有益になる治療を患者様本位でさせていただくことです。そのためにいくつかプランを提示させていただき、いろいろお話をさせていただいた上で、治療内容を決めていきます。
できる限り歯を残し、最小侵襲の治療で済ませられるように心がけています。そのために自由診療、保険診療の区別なく、顕微鏡やルーペを活用しながら精密な診断、治療を行っています。
治療に関してですが、私は1つの治療分野だけに特化させるということは考えていません。 例えば、インプラント治療に特化していると、その歯のまわりで他に治療を必要とする歯がある場合に、どうしてもインプラント治療をメインで考えてしまうのですが、それですと患者様本位ではなく自分本位の自己中心的な治療になってしまいます。いろんな選択肢を提示し、患者様とお話をした上で、1番ご納得いただける治療を選択していただくことが医療です。そのためにどの分野においても、私自身が最大限努力し、丁寧にこだわりをもって治療することが重要だと考えていますので、1つの治療に特化することはせず、幅広い視点を持って診療にあたっています。

今後の歯科業界についてと展望を教えてください。

現在、インターネットの普及によりかなり多くの情報が出回っており、ご年配の方や機械が苦手な方は、その多くの情報を消化しきれないまま、とりあえず身近な歯科医院に通ってしまっています。 今後はインターネットで問診を行い、その回答に基づいて、統計データからどの科を受診すべきか機械が考え、選んでくれる時代になると思います。インターネットで受け答えをするので、患者様が正直にすべて答えられるようになり、どこを受診すべきか知ることで、最初に間違った専門の医療機関で受診してしまうリスクや先入観をもった各医療機関からの紹介がなくなります。
治療の方でもCAD/CAMなど、今までなかった新しいものが出てきていますし、歯科用CTもより優れたものが出てくると思います。機械だけでは補えないものももちろんありますが、機械に任せられる部分は機械に任せていくと思います。
私の展望としては、できる限り歯を抜かない治療を実現していきたいです。インプラント治療にももちろんメリットはありますが、ご自身の歯の代わりにはなりません。インプラントは長持ちすると誤解されている方もけっこういらっしゃいますが、長持ちさせるための努力が必要です。同じ努力をするのであれば、ご自身の歯を残すための努力をすることが大切です。現在子どもたちに対して、歯を守ろう、虫歯をなくそうという動きがありますが、成人したら野放しで、成人してから虫歯や歯周病になってしまう人がとても多いです。 日本では、歯が痛くなってから治療するというのが当たり前で、「予防はお金がかかるし、今のところ困ってないから」という流れがどうしてもあります。しかし、北欧では、痛くなって治療に行くのではなく予防の為に歯科医院に行くことが一般的になっています。できる限り歯を抜かない治療の実現のためには早期発見早期治療が大切なので、予防にもより注力していけたらと考えています。

この記事に関連するキーワード
おすすめ

ヘルプ