歯の詰め物や被せ物の種類はどんなものがあるの? | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院
2019年5月23日

虫歯になって歯科医院で治療を受ける時、詰め物や被せ物は銀歯で作ることが当たり前になっていませんか?詰め物や被せ物を作るための素材は銀歯以外にも種類がたくさんあります。また、白い詰め物や被せ物の方が自然に見えますが、保険診療の範囲ではないと思っている人が多いようです。実は保険診療の範囲でも自然な歯の色に近い白い素材を使って治療ができます。そして詰め物や被せ物は、選ぶ種類によって様々なメリットやデメリットがあります。今回は歯の詰め物や被せ物の種類を、それぞれのメリット・デメリットも含めてご紹介します。

なぜ虫歯になったら歯を削るの

患者が歯科医院を訪れる時は大抵「(痛みやしみる箇所があるから)虫歯かも」という場合が多く、その状態ではすでに虫歯菌が歯をかなり侵食している可能性が高いです。虫歯菌は食べ物などに含まれる糖により活性化して、活性化した虫歯菌はやがて歯を溶かしてしまいます。そしてだんだん歯が薄くなり、感覚を司る部分がむき出しの状態になるため、痛みやしみるなどの症状が起こります。溶けてしまった歯は元通り再生することはありません。また、初期虫歯以外は自然治癒する可能性が低いため、虫歯菌を取り除く必要があります。そこで治療として歯の悪くなってしまった箇所を虫歯菌も含めて削り落とし、削った箇所には詰め物や被せ物をします。削ったままにしてしまうと噛みあわせや機能に問題があるため、詰め物や被せ物をして人工的に補っているのです。ちなみに、現在は削らない虫歯治療に力を入れている歯科医院も多くあります。別記事にて削らない治療方法について紹介しています。(「削らない」「抜かない」「痛くない」 MI(低侵襲)診療とは?

歯の詰め物・被せ物の種類はどんなものがあるの?

歯の詰め物、被せ物には様々な種類があります。以下では素材別にご紹介します。

銀歯

銀歯といっても全て銀でできているわけではありません。素材の名前は「パラジウム合金」といい、銀だけでなく金や銅、錫や亜鉛、パラジウムなどを混ぜています。歯の削った箇所の型を取り、その型をもとに歯科技工士が詰め物や被せ物を作成します。詰め物や被せ物が完成したら、削った箇所に歯科用接着剤を流し込んで、そこにできあがった銀歯を入れて固定します。

メリット
保険診療が可能なので、安価で治療を済ませることができます。保険診療で作成できる種類の中では比較的丈夫な素材で、耐久性もあります。
デメリット
銀歯は自然な歯の色にはできません。また、使っている内に変色したり、銀歯の周りが黒ずんでしまいます。銀歯の作り上、歯と銀歯の間には隙間があるため、そこから虫歯になってしまうこともあります。また、金属アレルギーの人は銀歯にすることはできません。そして銀歯の金属と唾液が交わり、金属がイオン化して流れ出ることにより、体内に金属が少しずつ溜まり、アレルギー反応を起こす原因になります。なので、今は金属アレルギーではなくても、将来的にアレルギー症状が出てしまう可能性もあります。

レジン

CR(コンポジットレジン)とも呼ばれます。レジンは合成樹脂でできています。歯が溶けて穴が空いたところや、治療で削った部分にレジンを流し込んで、紫外線を照射することで固まります。

メリット
樹脂のため自分の歯に近い色で作ることができ、形も整えられるので自然な見た目の被せ物や詰め物が作れます。保険診療が適応できるので安価な治療が可能です。また、レジンは歯に流し込んだあとすぐ形を作って固めることができるので、型を取る必要もなく、1回の通院で治療が完了する事が多いです。合成樹脂のため金属アレルギーの心配もありません。
デメリット
レジンは柔軟性がある分すり減りやすく、経年劣化で割れたり欠けてしまうこともあります。また、長期間の使用で黄色くなったりと変色しやすい素材です。

金歯

金を含めた合金素材で詰め物や被せ物を作ります。作り方は基本的に銀歯と同じです。

メリット
柔軟性と粘性があるため、摩耗に強く長持ちし、詰め物や被せ物をしても歯と金歯の間に隙間ができにくく、虫歯や歯周病になりにくいです。変色もしにくく、長期間きれいな金色を保ちます。銀歯と違って、金歯は素材上イオン化しにくいため、将来的に金属アレルギーになる可能性も低いです。
デメリット
詰め物や被せ物の色が金色になるため、自然な歯の見た目にしたい人には向いていません。そして合金素材のため元々金属アレルギーの人は金歯を入れることはできません。また、近年は金の価格が高騰しており、保険診療が適応できないこともあって費用が高価になります。

セラミック

陶器にも使われている素材を使って、歯の型を取り、詰め物や被せ物を作ります。陶器だけでなく、ガラス製や人工ダイヤ製のもの、レジンとセラミックを使った「ハイブリットセラミック」、金属とセラミックを使った「メタルボンド」など様々な種類があります。

メリット
乳白色のものや、透明度が高いものを使って自分の歯に近い、自然な見た目の詰め物や被せ物を作ることができます。また、セラミックの中でも人工ダイヤ製の「ジルコニアセラミック」は特に強度があり、耐久性もあります。また、レジンなどを混ぜることで柔軟性も持たせることができるため、硬すぎず噛みあわせも自然なものを作れます。セラミック自体はメタルフリーのため金属アレルギーの人も使用できる素材です。そしてセラミックを使った詰め物や被せ物はつけた時に隙間ができにくいため、虫歯や歯周病になるリスクも低いです。
デメリット
保険診療が適応されない素材のため、治療費が高価になります。混ざっている素材によっては耐久性が低くなります。また、メタルボンドは金属が含まれているため金属アレルギーの人には使用できません。そしてセラミックは他の素材よりも新しい素材のため、セラミックの詰め物や被せ物を長期間つけ続けたデータが少なく、経過によってどのような変化があるのかまだはっきりとわかっていません。

詰め物や被せ物をつけたら定期的にメインテナンスしてもらおう

「詰め物や被せ物をつけ終えたから一安心・・・」と言いたいところですが、メインテナンスをして良い状態を保つために定期的に歯科医院に行きましょう。詰め物や被せ物の寿命は素材にもよりますが、最長10年程であり、永遠に使えるものではありません。そして長持ちする素材で詰め物や被せ物を作ってもらっても、日々の生活の仕方によっては早い段階で劣化してしまったり、取れてしまう可能性もあります。歯の定期検診も兼ねて、詰め物や被せ物の様子も見てもらうのがおすすめです。また、どの素材で詰め物や被せ物を作るべきか、その人の歯の状態や経済事情によって異なります。最初は経済事情から銀歯にしたけれど、取れてしまったタイミングで「やっぱりセラミックにしたい!」と、途中で種類を変える人も多いようです。自分にはどんな素材で詰め物や被せ物を作ったほうが良いのか、歯科医師としっかり相談して決めてくださいね。