歯を白くする食べ物ってあるの? | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院
2019年7月30日

私はお茶やコーヒーが大好きで、毎日飲んでいます。ですが毎日飲んでいると気になるのは歯の着色汚れや黄ばみです。飲み物の中でもお茶やコーヒーは特に着色汚れが付きやすく、こまめに歯を磨いていても黄ばんでしまいがちです。飲む頻度を少なくすれば少し改善するはずですが、好きな飲み物を控えるのはなかなか難しく、つい飲んでしまいます。お茶やコーヒーは歯に着色汚れが付きやすいということは一般的に知られていることではありますが、反対に歯を白くする食べ物や飲み物は存在するのでしょうか?食べたり飲んだりするだけで白くなれるのなら嬉しいですよね。そこで今回の記事では歯を白くする食べ物や飲み物はあるのか調べました。

歯を白くする食べ物や飲み物ってあるの?

食事をしたり、飲み物を飲むだけですぐに歯が白くなる物は残念ながらありません。ですが、歯についた汚れを落としてくれたり、歯を丈夫にしてくれる食べ物や飲み物はあるので、日頃から摂取を心がけることで着色汚れのつきにくいきれいな歯になれるかもしれません。また虫歯や歯周病になってしまうと歯や歯茎が変色してしまうこともあるので、予防になる食べ物や飲み物を取り入れることも大切です。以下では、歯の白さを取り戻したり、歯の健康を保つために役立つ食材や飲み物をご紹介します。

チーズ

チーズにはリン酸カルシウムという成分が入っており、リン酸カルシウムには歯の再石灰化を助ける作用があります。またタンパク質も含まれており、タンパク質は歯を丈夫に保つために必要な栄養素です。そして近年の研究では「チーズを食べることで虫歯予防ができる」ことがわかりました。食べ物には酸性の物とアルカリ性の物があり、お米や肉、魚は酸性の食べ物です。酸性の食べ物を食べると口内は酸性に変わり、虫歯菌が活発になってしまいます。チーズはアルカリ性の食べ物です。アルカリ性の食べ物をバランスよく摂取することで、酸性になりやすい口内は中性に近づき、虫歯予防に役立つのです。ちなみにチーズは柔らかめのものだと食べかすが歯に付きやすく、歯垢になりやすいので、プロセスチーズやパルメザンチーズなどの硬めのチーズを摂取するのがおすすめです。

牛乳

牛乳もチーズと同じくアルカリ性です。インスタント食品など酸性の食品をよく食べたり、お酒をよく飲む人は口内も酸性になりやすく、虫歯にもなりやすいです。牛乳やチーズなどの乳製品はアルカリ性なので、こまめに摂取して口内のバランスを中性に保つよう心がけましょう。

パイナップル

パイナップルにはブロメラインという酵素が入っており、ブロメラインは着色汚れや歯垢を落としてくれます。着色汚れが気になる人だけでなく、歯垢も落としてくれるので虫歯や歯周病が気になる人にもおすすめな食材です。

ブロッコリー

ブロッコリーにはビタミンA、ビタミンCなど歯の健康を保つ大切な栄養素が含まれています。ビタミンAはエナメル質を、ビタミンCは象牙質を強くしてくれます。ブロッコリーは歯に良いビタミンが含まれているので、日常的に食べることで歯質が改善するかもしれません。

しいたけ

しいたけにはビタミンDが含まれています。ビタミンDはカルシウムの吸収率を高める効果があり、歯の再石灰化も助けてくれます。カルシウムとバランスよく摂取することで、歯質の改善や、虫歯の予防になるかもしれません。またビタミンDは体に紫外線を浴びるだけでも作られます。しかし紫外線で作り出される量では足りません。しいたけなどのきのこ類はビタミンDが多く含まれているので、日々の食事にプラスするのもおすすめです。

玉ねぎ

虫歯や歯周病は歯に付着した細菌が蓄積することによって起こる病気です。玉ねぎには抗菌作用があるので、原因となる細菌を殺して清潔な歯を保つことができます。また、玉ねぎに含まれているケルセチンは唾液を多く出す成分です。唾液自体に自浄作用や抗菌作用があるので、きれいで健康な歯を保つために食べ物も利用して唾液を多く出すように心がけましょう。

すぐにでも歯を白くしたい!

すぐにでも歯を白くしたい場合は歯科医院での「歯のクリーニング」もしくは「ホワイトニング」がおすすめです。

歯のクリーニングとは

歯科医院で歯のクリーニングをしてもらうことで、日頃の歯みがきでは取り切れない歯垢や歯石、着色汚れをきれいに落とすことができます。見た目だけでなく、虫歯や歯周病の予防にもなるので、3ヶ月に1度くらいの頻度でクリーニングをするのがおすすめです。しつこい着色汚れや黄ばみが落ちるので、クリーニング前よりも歯が白くなる人が多いのですが、本来の自分の歯の色よりも白くすることはできません。本来の自分の歯の色よりもさらに白くしたい場合には歯科医院でホワイトニングをしてもらいましょう。

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは歯に付いてしまった色を薬剤で分解し、歯を白く見せる方法です。歯を削ったりせずに歯をきれいに見せることができます。歯科医院で行うオフィスホワイトニングや、自宅で行うホームホワイトニングなど、ホワイトニングにも種類があります。ホワイトニングの種類によってメリット・デメリットが異なるので、まずはホワイトニングを取り扱っている歯科医院に相談してみてください。

まとめ

歯をすぐに白くする食べ物や飲み物はありません。ですが歯に良い栄養素が含まれた食事を取り入れることで、健康できれいな歯を保つことができます。ビタミンやミネラルなどの栄養素をバランスよく摂取して、歯に良い物を食べたり飲んだりしたあとは、しっかりと歯を磨きましょう。また、すぐにでも歯を白くしたい!と思っている人は歯科医院で歯のクリーニングまたはホワイトニングをしてもらうのがおすすめです。特にホワイトニングはしっかりと歯を白くできるので、気になる人はぜひ歯科医院に問い合わせてみてください。