天野歯科医院 理事長 天野 聖志 医療法人社団 晴歯会 | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院

歯の寿命を延ばすために、歯をなるべく抜かない、削らない、MI治療を行っている天野先生。その治療を求めて、来院される患者さんがたくさんいらっしゃいます。そんな先生に医院の特徴や今後についてなどインタビューさせていただいた。

医院紹介はこちら

米国歯学修士
米国補綴歯科学会 認定医
ドックベストセメント 認定医

著書
歯を削らない、抜かない、だから痛くない、むし歯・歯周病の治し方

メディア掲載・出演、講演実績多数

先生が歯医者を志したきっかけは?

私の実家が歯科医院で、私は長男だったので、昔から跡取りという位置付けでした。なので、自然と歯科医師の道に進みました。

天野歯科医院の特徴を教えてください。

当院では、「歯の寿命を延ばす治療」をコンセプトにできるだけ神経を抜かない、できるだけ削らないMI治療を行っています。他の医院で抜歯して、インプラント、ブリッジの選択肢しかないと言われてしまい、他の選択肢はないかとセカンドオピニオンで来られる患者さんもとても多いです。
歯周病治療は一般的にはすごく長い期間がかかります。麻酔をして歯茎を切ったり、痛い思いをする処置が多いので、そういう治療をできる限りなくして、短期間で、患者さんの負担が少ない治療を心がけています。
初診時は患者さんの話をよく聞くようにしています。お話を聞いているうちに、最初に問診票に書いたこと以上の話がどんどん出てきます。それを話し合いながら、本当はどうしたいのか、何をやりたいのか探るようにしているので、いきなり治療を始めることはあまりないです。
最近は新聞などで、手袋を変えていない、ハンドピースを使いまわしているという記事が出たりして、院内感染を気にされている患者さんが増えています。そこで当院では、全て高圧蒸気滅菌でかなり細かく滅菌して、ハンドピースも一つひとつパッケージして毎回交換するなど治療器具の滅菌消毒を徹底して、患者さんに安心して治療を受けていただけるようにしています。さらに、診査や治療に使う歯科用ミラーと呼ばれる小さな鏡も有料にはなりますが、希望された方には毎回新品のディスポーザブルの診察器具を使用しています。歯を削るドリルなどの機器についても、毎回自分専用の新品ドリルを使用する「マイドリルシステム」を、ご希望の方を対象に有料で行っています。実際に希望される患者さんも多いです。
また、最近では歯科医院で使用される水の汚染も問題視されていますが、当院で流れている水は全て殺菌水になっています。患者さんがうがいする水も殺菌水なので、歯周病菌、虫歯菌を殺菌しながら治療ができ、治療効果を向上させています。

今後の歯科業界についてと展望を教えてください。

今後は歯のことに関心が低い患者さんとすごく関心が高い患者さんの2つに分かれていくと思います。それに伴い歯科医院側も関心の低い患者さんに対して主に保険診療をする歯科医院と、すごく関心が高い患者さんに対して高度な治療を提供する歯科医院に分かれていくのですが、問題はそのどちらでもない中間層の歯科医院です。 すごく関心が高い患者さんが、中間層の歯科医院に行くと治療内容に物足りなさを感じるでしょうし、関心が低い患者さんが中間層の歯科医院に行って、保険外の詰め物や、インプラントなどをすすめられるとそれはそれで逆に困ってしまいます。ただ、この中間層の歯科医院がすごく多いので、自院を存続させるために、必要のない治療をやってしまわないか危惧しています。どうしても削る=収益と考えている歯科医師がまだ多いので、削らない方が患者さんのためにも、歯科医師のためにもなるということを意識改革していかないといけないのかなと思っています。
「審美」「矯正」「インプラント」この3つのワードで収益が大きく上がると思っている歯科医師も多いのですが、実は全体の検索件数からみると「審美」「矯正」「インプラント」について検索している人より、削らない治療や神経を抜かない治療に関心を示して、検索している人の方がボリューム的にはるかに多いです。それだけ削らない治療のニーズが高いと言えるので、そこに歯科医師が気づくことができれば双方でよい方向に向かっていけると思います。
現在MI治療の講師を歯科医師向けにやっています。参加してくれる先生は多いのですが、実践してくれる先生が意外とそこまで多くありません。 大学では、歯の削り方や神経の抜き方、抜歯の仕方を主に教わるので、削らない治療が信じられないという人もいるようです。きちんとエビデンスのある治療なのですが、なかなか踏み込んでくれません。なので、もっとMI治療を実践してくれる歯科医師たちが日本中から出てきてくれるよう伝道師になったつもりでMI治療を広めていきたいと思います。

この記事に関連するキーワード
おすすめ

ヘルプ