大人矯正 | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院

大人矯正

近年は大人になってから歯列矯正を始める人が増えています。子供の頃に歯列矯正をしていない人や、子供の頃に歯列矯正をしていたが年齢とともに歯列が乱れてきた人が大人になって矯正を始めるようです。子供と違って大人の口腔環境はすでに顎骨の成長が終わっており、永久歯が生え揃っている状態で行うため、様々な種類の矯正器具が使用できます。

大人矯正

子供矯正と大人矯正の違い

子供矯正は「小児矯正」または「1期治療」とも言います。そして大人矯正は「成人矯正」「2期治療」とも言います。子供矯正は乳歯が抜けて、永久歯が生え揃う11歳くらいまでを対象にしており、体の成長に合わせて歯列がきれいに生えるように、器具によって調整する方法が主になります。子供の成長には個人差があるので、今後顎や歯の大きさがどの様に変化するかを予測して矯正治療をしていきます。また指しゃぶりや舌を噛む癖なども歯列が乱れる原因となるので、親と歯科医師が協力して子供の習慣についても指導をすることがあります。歯並びに影響する悪因を排除して、きれいな歯列で永久歯が生えるように器具で補うのが子供矯正です。一方で大人は永久歯が生え揃っていて、顎の成長も基本的に終わっています。そのため大人矯正ではすでに生え揃っている歯を器具によって動かして、きれいな歯列にするための治療を行います。しかし元々日本人の顎は欧米人に比べて小さく、歯を動かすためのスペースがないことが多いです。歯を正しい位置に動かすためのスペースを確保できない場合は、抜歯をした上で矯正をすることもあります。

矯正治療の流れ

大まかな矯正治療の流れは以下の通りです。

①カウンセリング

歯列矯正をする上で患者さんが気になるところや、矯正治療後どのようになりたいかをカウンセリングしていきます。そして口腔内を診察し、どのような矯正器具がベストか、治療期間や治療費はどのくらいになるのかを患者さんに説明します。

②精密検査

レントゲンまたは歯科用CTで撮影し、歯列や噛み合わせが現在どのような状態なのかを精密検査していきます。矯正後は顔のラインや口周りの顔貌も変わるので、顔や口周りの写真撮影も行います。歯列の立体模型を作成し、現在の歯列の状態を説明することもあります。

③治療計画

カウンセリングや精密検査の結果から治療計画を立てます。ここで使用する矯正器具や、大まかな治療期間、治療費が決まります。患者さんが治療計画に納得できたら矯正治療が始まります。

④矯正中の歯磨き指導

矯正中は矯正器具を歯につけたまま過ごすので、歯が磨きにくくなり、汚れが溜まりやすくなります。汚れが溜まると虫歯や歯周病の原因となるため、矯正器具をつけたままでもしっかり歯磨きができるよう、歯科医師や歯科衛生士による歯磨き指導を行います。

⑤矯正治療開始

矯正器具を装着し、矯正治療を開始します。

⑥定期検診

矯正器具の調整や経過観察のために、1~2ヶ月に1回通院します。大人矯正の場合、治療期間は1年~2年半ほどかかる人が多いです。

⑦矯正器具の取り外し、リテーナー装着

歯列が整い、噛み合わせにも問題がないことが確認できたら、矯正器具を取り外します。歯は矯正器具を外してそのままにすると、矯正前の元の場所に戻ろうと少しずつ動いてしまいます。この後戻りを防ぐために、リテーナーという保定装置を装着し、矯正後の歯列を安定させます。

⑧定期検診

リテーナーは矯正器具を装着していた期間と同じ期間つけることが多いので、1年~2年半ほど装着します。そして矯正中と同じく経過観察をするために定期検診をします。頻度は平均2ヶ月~半年に1回ほどになることが多いです。検診でリテーナーがなくても歯列が安定してきたことを確認できたら、矯正治療は終了です。

大人矯正の種類

大人矯正は以下のような種類があります。

ワイヤー矯正

ワイヤーによって歯に力をかけて、歯の生えている位置を動かします。矯正器具の中でも歯を動かす力が強いので、難症例にも対応ができる器具です。ワイヤー矯正には、矯正器具を歯の表側につける「表側矯正」や、目立たないように歯の裏側につける「裏側矯正」、一部だけをワイヤーで矯正する「部分矯正」などがあります。ワイヤー矯正は矯正器具を常につけ続けるので、ワイヤーの痛みや違和感が気になるという人もいます。

マウスピース矯正

マウスピースによって歯を動かす矯正です。マウスピースを日常的につけて過ごし、定期的に新しい形に変えて歯を動かしていきます。マウスピース矯正は食事をするときは取り外しができるので、歯をきれいに保ちやすく、虫歯や歯周病になりにくいです。しかし取り外しが自由な分、装着時間をしっかり守らないと歯を動かす時間が少なくなるので、治療期間が長くなったり、歯列が後戻りすることがあります。

外科的矯正治療

ワイヤー矯正やマウスピース矯正をする前に、外科手術によって顎骨を整形する方法です。顎骨が極端に大きく成長していたり、反対にあまり成長せず小さすぎたり、先天的なものや外傷によって顎骨が歪んでいる場合、歯列も乱れやすくなります。そして歯列矯正を行ったとしても、土台となる顎骨が治らない限りまた歯列が乱れることがあります。この場合は外科手術によって土台となる顎骨を整形し、形を整えた後に歯列矯正を行います。手術になるため、歯科医院によっては対応してもらえないことがあります。

インプラント矯正

矯正用のインプラント体(アンカースクリュー)を歯茎に埋め込む方法で、失った歯を人工的に再現するデンタルインプラントとは異なります。インプラント体を歯茎に埋め込み、そこを支点にしてワイヤー矯正をすることで、歯を動かす力が強くなり、矯正の効率が上がります。過去のインプラント矯正は、インプラント体を埋め込むために歯肉の切開と縫合が必要でした。しかし近年はインプラントの技術が進歩しており、とても小さなインプラント体を使うことによって、大規模な手術を行わなくてもインプラントを埋め込めるようになりました。ちなみにこの矯正方法は骨の成長が終わっている大人が対象です。子供の歯茎にインプラント体を埋め込むと、骨の成長に悪影響を与える可能性があるので適応できません。

大人矯正の費用

歯列矯正は先天的な障害を除いて基本的に自由診療のため費用が高額です。主な平均費用は以下の通りです。

種類 平均費用
表側矯正 60万~90万円/総額
裏側矯正 110万~130万円/総額
部分矯正 20万~50万円/総額
マウスピース矯正 60万~100万円/総額
外科的矯正治療 130万~180万円/手術費も含めた総額
インプラント矯正 3万~5万円/インプラント体1本

大人矯正のメリット

歯列矯正をすることで歯並びが整うので、歯が磨きやすく、虫歯や歯周病になりにくくなります。また顔のラインや口周りも整うので見た目が変わり、口元にコンプレックスを持っている人は、コンプレックスを解消できます。そして矯正をすることで噛み合わせも整います。噛み合わせは全身のバランスを保つ部位でもあるため、噛み合わせが悪いとバランスが崩れて、頭痛や肩こり、腰痛など全身に渡って症状が出ることもあります。なので、歯列矯正によって全身の諸症状が改善するかもしれません。

大人矯正のデメリット

歯列矯正は基本的に時間がかかります。リテーナーをつけている期間も含めると4~5年ほどかかる人もいます。長期間矯正器具をつけ続けるので、最初は痛みや違和感を感じることがあります。また歯を動かすスペースを確保するために抜歯を行うケースもあります。

診療科目、エリアで絞り込む

診療