小児矯正 | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院

小児矯正

子供の歯並びや噛み合わせを整える治療が小児矯正です。小児矯正は「1期治療」とも言われ、主に乳歯と永久歯が混じっている歯列を矯正することを指します。小児矯正も大人矯正も、歯並びや噛み合わせをよくするための治療ですが、小児矯正は成長を利用して歯並びや噛み合わせがきれいに整うように補助していきます。一方大人矯正は成長が終わっているので、現在の口腔環境で歯並びや噛み合わせがきれいになるように調整していきます。小児矯正は成長を利用するので大人矯正よりも歯が動きやすく、治療期間が短いことが多いですが、成長には個人差があるため、予定よりも治療が長期化することもあります。また子供が矯正治療を嫌がることがあるので、治療に親の協力が必要になることがあります。

小児矯正

小児矯正をする年齢

小児矯正は6歳から14歳頃までの子供が対象の矯正治療です。顎や歯の状態によっては3~5歳頃から始めることもあります。子供の永久歯が生え始めるのは6歳頃で、14歳頃に顎骨の成長が終わります。そのため15歳以上は大人矯正として矯正治療を行うことが多いのです。

歯列と顎の関係

人の歯は乳歯の場合全部で20本、永久歯の場合親知らずも含めると全部で32本生えてきます。日本人は欧米人などと比べて、遺伝的に顎の小さい人種です。歯の土台となる顎が小さいと、全ての歯が生えるためのスペースが足りなくなることがあります。しかし全ての歯は自然と表面に出てくるので、重なり合うように無理やり生えて、歯列が乱れやすくなるのです。小児矯正では顎の小ささが原因で歯列が乱れるのを防ぐために、顎骨の成長を器具で補助していき、歯がきれいに並ぶように治療します。

子供の歯並びが悪くなる原因

歯並びは上記で紹介した通り、顎が小さいことが原因で悪くなりやすいです。その他にも以下のようなものが原因で悪くなることがあります。

口呼吸

口を開けっ放しにするクセや、鼻炎などの鼻詰まりによって口呼吸をしていると、口周りの筋肉が発達しなくなり、口が閉じにくくなってしまいます。上前歯は口を閉じた状態の上唇によって抑えられていますが、常に口呼吸をしていると上唇で抑えられる時間が少なくなり、いわゆる出っ歯になりやすくなってしまいます。出っ歯は「上顎前突」とも言い、常に口呼吸をしていると上顎前突になりやすく、上顎前突になると歯が唇にあたって口が開きやすくなってしまいます。口が開きやすくなると、口呼吸がクセになり、口内に細菌が入り込む可能性が高まるので、風邪やインフルエンザにかかるといった悪循環に陥ります。

舌を噛むクセ

舌を前歯で噛んだり、舌を前歯に押し付けるクセがあると、前歯が前方に動いて「上顎前突」になったり、噛むときに上下の前歯に隙間ができる「開咬」になりやすいです。

唇を噛むクセ

舌を噛む癖と同じく、唇を噛むクセも少しずつ歯を動かしてしまいます。「上顎前突」や、「叢生」という歯並びがガタガタの状態になる可能性が高まります。

離乳食後も柔らかいものばかり食べている

離乳食が終わった後も柔らかい物ばかり食べていると、顎の発達を妨げてしまいます。顎が発達しないと永久歯の生えるスペースが足りなくなり、「叢生」になりやすくなってしまいます。

乳歯の虫歯

乳歯の虫歯を放置していると、乳歯の下にあるこれから生えてくる永久歯も虫歯になり、永久歯が正常に生えなくなることがあります。また虫歯がひどくなって乳歯を抜歯した場合、周りに生えている歯が抜歯で空いたスペースに倒れてしまい、「叢生」になりやすいです。

指しゃぶり

3歳くらいまでの指しゃぶりは問題ないのですが、4歳以上になっても指しゃぶりをしていると歯並びに影響が出てきます。前歯が出てきて「上顎前突」になったり、上下の前歯に隙間ができて「開咬」になりやすいです。

片側で噛む

右側だけ、または左側だけで食べ物を噛むクセがあると、顎の成長が偏って「叢生」になりやすくなります。

親からの遺伝

歯並びそのものは遺伝しませんが、歯や顎の大きさは遺伝することがあります。例えば親の顎が小さいと、子供も遺伝によって顎が小さくなることがあり、歯が生えるスペースが足りなくなって歯並びが悪くなる場合があります。

小児矯正の器具の種類

小児矯正で使われる器具には以下のようなものがあります。

床矯正

床矯正の器具にはいくつか種類がありますが、特に使用されることが多い「拡大床」「急速拡大装置」「クォードヘリックス」の3種類をご紹介します。「拡大床」という器具は主に倒れて生えている歯の向きを変えるためのものです。ケースによっては顎骨の成長を助けて、歯が生えるスペースを広げることも可能です。「急速拡大装置」は顎骨の成長を補助することに特化した器具で、歯を動かす力はほとんどありません。顎骨が大きく成長すると歯が生えるためのスペースが広がり、重なって生えていた歯は空いたスペースに少しずつ移動するので、歯列が整いやすくなります。そして「クォードヘリックス」は、歯を動かす機能と、顎骨の成長を助ける機能を両立している器具です。床矯正の器具は取り外しができるものとできないものがあり、「急速拡大装置」「クォードヘリックス」は取り外しができません。「拡大床」は取り外しできますが、1日約8時間以上装着する必要があります。

マウスピース矯正

マウスピースで口周りの筋肉を刺激し成長を補助する矯正器具です。マウスピースの刺激で筋肉が発達し、顎が大きくなると、歯列も自然と広がり、歯並びが少しずつ改善されていきます。マウスピース矯正が特に有効な症例は上顎前突が原因で口が常に開いてしまう状態や、下顎だけが大きく発達しているいわゆる「しゃくれ」の状態です。小児マウスピース矯正システムは「T4K」「ムーシールド」「プレオルソ」「マイオブレース」を採用しているところが多いです。

ヘッドギア矯正

主に上顎の位置を調整したり、上の奥歯を動かすために使われる矯正器具です。頭頂部に「ヘッドキャップ」というヘアバンドのようなものか、もしくは首につける「ネックストラップ」をつけて、そこに「フェイスボウ」という口周りにつける器具を通し、フェイスボウの一部を奥歯に取り付けます。ヘッドキャップやネックストラップが支えとなり、フェイスボウに力が加わって、歯や顎を少しずつ動かしていきます。基本的に家でつける器具で、寝ている時も含めて10時間以上装着します。学校など外出時に器具をつけていると、転倒や運動時に怪我をする可能性があるため取り扱いには注意が必要です。

小児矯正の費用

歯列矯正は先天的な障害を除いて基本的に自由診療のため、費用は高額になります。平均費用はおおよそ20万~50万円で、治療期間や使用する器具によって金額が変わります。

小児矯正のメリット

矯正治療をすることで歯列や噛み合わせが改善され、歯が磨きやすくなるので虫歯や歯周病などにかかりにくくなります。また成長を利用するため歯や顎が大人よりも動きやすいので、抜歯をして歯を並べるスペースを確保しなくてもよいことが多いです。そして矯正をすることで歯並びが悪くて見た目が気になるというコンプレックスを解消できます。

小児矯正のデメリット

小児矯正は子供の成長を利用します。成長には個人差があるので、予定していた治療期間よりも長引く場合があります。また歯や顎を動かすために矯正器具で力をかけるので、本人が嫌がって矯正をしたがらないこともあります。そのため本人が治療に協力できるよう、親のフォローが必要なことも多いです。そして矯正治療が終わっても、時間経過で歯列が後戻りする可能性があるので、リテーナーという補正装置を使用してメインテナンスを続ける必要もあります。

診療科目、エリアで絞り込む

診療