インプラントとは | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院

インプラント

インプラントとは主に治療のために体内へ入れる医療機器のことです。心臓ペースメーカーや、骨折治療に使うボルトなどもインプラントに含まれます。歯科業界でのインプラントとは、人工的な歯根を埋め込み、その上に人工歯冠を着けて失った歯の機能を再現する部品のこと、もしくはその治療方法のことを指します。これはデンタルインプラント、歯科インプラント、口腔インプラントとも呼ばれます。

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%88%e2%91%a0

インプラントとは

インプラントは基本的に「歯根部(インプラント体)」「支台部(アバットメント)」「人工歯冠(クラウン)」という3つの部品で成り立っています。歯根部と支台部が一緒になっているものを「1ピースタイプ」といい、歯根部を埋め込んだ後に支台部を取り付ける「2ピースタイプ」といいます。歯根部の形はブレードタイプやシリンダータイプなどがありましたが、現在では主に螺旋状の溝が入ったスクリュータイプが使われています。スクリュータイプは埋め込んだときに固定感があり、噛んだときの力が上手く分散され、骨の負担になりにくいという特徴があります。

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%88%e2%91%a1

インプラントの素材

インプラントは部品によって使用する素材が異なります。

歯根部・・・チタン、チタン合金、ジルコニア
支台部・・・チタン、チタン合金、ジルコニア
人工歯冠・・・セラミック、ハイブリッドセラミック、ジルコニア、メタルボンド、金合金、銀合金など

以下ではさらに各部品で主に使用されている素材の特徴について解説します。

歯根部、支台部

歯根部や支台部はチタンもしくはチタン合金でできています。チタンは銀などの金属に比べて軽くて丈夫で錆びにくく、金属アレルギーになりにくいという特徴があります。またチタンを使用することで「オッセオインテグレーション」が期待できます。オッセオインテグレーションとはチタンと骨が結合する現象のことです。チタンと骨は分子の形が似ているので、お互いが結びついて定着します。つまりチタン製の歯根部を埋め込むことで歯槽骨と結びつき、天然歯のようにしっかり噛むことができるようになるのです。しかし極稀にチタンにアレルギー反応が出る人もいます。アレルギーによってチタンが使用できない場合は、歯根部や支台部にジルコニアを用いることがあります。ジルコニアはセラミックの一種で、歯科では主にインプラントの人工歯冠部分や、歯の被せものや詰め物に使われています。ジルコニアは骨と結びつくことがわかっており、インプラントの歯根部や支台部に使用することもできます。またジルコニアは金属を使っていないので、金属アレルギーやチタンアレルギーを引き起こす心配がありません。

人工歯冠

インプラントの上部である人工歯冠には、歯の詰め物や被せものと同じく様々な素材が使用できます。

セラミック
オールセラミックとも呼ばれます。セラミックは硬く変色しにくく、透明感があるので天然歯のような色味が作れます。

ハイブリットセラミック
セラミックと樹脂であるレジンを混ぜた素材です。セラミックだけでは再現できない適度な柔らかさも持つことができます。

ジルコニア
セラミックの一種で、オールセラミックよりも硬さがあります。人体との親和性が高いので、インプラントの歯根部や支台部にも使用されています。

メタルボンド
金属でできた枠にセラミックを付着させたものをメタルボンドと言います。表面はセラミックでできているので天然歯に似た色合いが表現できます。また内部は金属でできているので、強い力がかかる奥歯でも使用できます。

金合金
金と他の金属を混ぜ合わせたもので、一般的に金歯と呼ばれています。金は欠けにくく、金属アレルギーが出にくい特徴があります。

銀合金
銀と他の金属を混ぜ合わせたもので、一般的に銀歯と呼ばれています。他の素材よりも安価に人工歯冠が作成できます。

治療方法

インプラント治療は人工歯根を口腔内に埋め込むので、外科手術が必要です。治療方法は基本的に1回法と2回法に分かれます。

1回法

インプラントの歯根部を埋め込む歯肉を切り開き、ドリルで穴を開け、歯根部を埋め込みます。1ピースタイプは歯根部と支台部が一緒になっていますが、2ピースタイプの場合は歯根部を埋め込んだ後に支台部を取り付けます。その後歯根部と骨が結合するために約3~6ヶ月ほど待ち、結合が確認できたら人工歯冠を取り付けて終了です。

1回法のメリット
・歯肉を切り開く回数が1回で済み、患者さんの負担が少ない
・手術時間が短い

1回法のデメリット
・骨の厚みが薄い場合は適応できないことがある
・骨の状態が悪い場合は、結合期間中に細菌感染する可能性がある

2回法

インプラントの歯根部を埋め込むまでは1回法と同じです。2回法の場合は歯根部を埋め込む上部にカバーを取り付けて、歯肉を閉じるために1度縫い合わせます。そして歯根部と骨が結合するまで約3~6ヶ月ほど待ちます。結合が確認できたら歯肉をもう一度切り開いて、仮の支台部を取り付け、歯肉が治癒するまで数週間待ちます。歯肉が治癒したら、実物の支台部を取り付け、その上に人工歯冠を取り付けて終了です。

2回法のメリット
・歯根部を完全に埋め込むので定着しやすく、骨の厚みが薄い人でも負担になりにくい
・歯肉を完全に閉じるので骨との結合期間中に細菌感染する可能性が低い

2回法のデメリット
・歯肉を2回切り開く必要があるので、患者さんの負担が大きい
・治療が完了するまでの期間が長くなることがある

治療費

インプラント治療は健康保険対象外のため、自由診療となります。精密検査や外科手術も含まれるため治療費は高額になります。以下はインプラント1本の平均治療費です。

初診料や相談料金 0円~数万円
精密検査料金 0円~数万円
インプラント(人工歯根+支台部)料金 10万円~30万円
人工歯冠料金 10万円~20万円
手術料金 10万円~40万円
術後の検診 数千円~数万円 / 1回

平均費用は1本あたり総額で20万円~40万円くらいです。

インプラント治療のメリット

インプラントは人工的に歯根を再現するので、見た目や噛み心地が自然な歯を作ることができます。またブリッジのように他の歯を削ったりする必要がないので、周りの歯に悪影響を与えません。お手入れも他の歯と同じ様に磨くことができるので、入れ歯のように取り外して手入れをする必要がありません。

インプラント治療のデメリット

インプラントは歯根部を入れるのに外科手術が必要なため、体に負担がかかります。また手術後は骨と歯根部の結合を待たなくてはならないので治療が長期間になります。そしてインプラントは定期的なメインテナンスの継続が重要です。メインテナンスを怠ると細菌感染を起こしたり、もちが悪くなってしまいます。

インプラントの主要メーカー

インプラントのメーカーは世界で150社以上あると言われています。その中でも主要メーカーをご紹介します。

ノーベル・バイオケア
スウェーデンに本社を持つインプラントの老舗企業です。オッセオインテグレーションを発見したブローネマルク教授の名前をとった「ブローネマルクインプラント」は世界初のインプラントシステムとして1965年に臨床応用が開始されました。その歴史の長さから信頼性が高いメーカーです。

ストローマン
スイスに本社を持つストローマンのインプラントはシェア率が非常に高く、近年世界で一番使用されているインプラントです。ストローマンはエビデンスに基づいてインプラント開発をしているため、安全性や確実性が臨床研究にて実証されているのも人気の理由です。

アストラテック
アストラテックインプラントシステムが有名なスウェーデンの企業です。最新のアストラテックインプラントシステムはオッセオインテグレーションのスピードが早く、治療完了までの時間が短縮しやすいという特徴があります。

ジンマーバイオメットデンタル
ジンマーバイオメットデンタルはアメリカの会社で、歯根部に歯と同じ成分であるハイドロキシアパタイトを加工したインプラントを開発しています。加工の効果によって歯根部と骨が結合しやすく、「インプラント周囲炎」になりにくいインプラントとして有名です。

京セラメディカル
国内メーカーの中では老舗のインプラントメーカーで、日本産インプラントの中で高いシェア率を誇ります。長期症例も多く、日本人が日本人向けに開発したインプラントとして信頼を寄せています。

プラトンジャパン
日本のインプラントメーカーです。日本人は他国の人と比べて顎のサイズが小さいので、プラトンジャパンは日本人にも合うサイズのインプラントを積極的に開発しています。

診療科目、エリアで絞り込む

診療