矯正歯科とは | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院

矯正歯科

「矯正歯科」とは、ワイヤーやマウスピースなどの器具を使用して、良い歯並びや噛み合わせにしていく治療です。一般的に矯正というと歯並びを良くするというイメージが強いですが、噛み合わせを良くするための治療でもあります。矯正歯科は「歯科」「小児歯科」「口腔外科」と同じく標榜科の1つで、標榜科とは看板やホームページに表記して広告することができる診療科のことを指します。

%e7%9f%af%e6%ad%a3%e6%ad%af%e7%a7%91

小児矯正と成人矯正

小児矯正は別名1期治療といい、乳歯が抜け始めて、永久歯が生え揃うまでが対象となります。小児矯正を行う時期の子供は成長期なので、骨格が未熟な状態です。この時期に矯正器具を使用して顎骨と歯の生えるスペースを補正することによって、永久歯が良い歯列と噛み合わせで生えるようにすることができます。一方成人矯正は別名2期治療といい、永久歯がすべて生え揃っている状態の人が対象となります。永久歯が生え揃っている状態は、基本的に骨格の成長が終わっています。歯の生えるスペースが確立されているので、広げたり狭めることは難しいです。この場合は矯正器具によって歯を動かして、良い歯列と噛み合わせに調整していきます。

矯正の種類

矯正には主に以下のような種類があります。

ワイヤー矯正

ブラケット矯正、表側ワイヤー矯正とも言います。古くからある矯正器具で、一般的に歯列矯正と言えばワイヤー矯正の器具を思い浮かべる人が多いと思います。治療方法は歯の表面にブラケットという器具を接着剤で貼り付け、ワイヤーを通して力をかけることで歯を動かしていきます。以前はワイヤーやブラケットの素材が金属に限られていたので矯正器具が目立っていました。ですが近年はワイヤーが白にコーティングされているものや、ブラケットの素材がセラミックで白や透明なものが開発されているため、目立たないワイヤー矯正をすることが可能です。ワイヤー矯正は矯正器具の中でも歯を動かす力が強いため、様々な歯並びや噛み合わせに対応できます。

裏側ワイヤー矯正

舌側矯正、リンガル矯正とも言います。裏側ワイヤー矯正では、ブラケットやワイヤーを表につけず、歯の裏側につけます。口を開けても矯正器具がほとんど見えないので、矯正をしたいけれど器具が目立つのは困るという人に適しています。また鏡で自分の歯を見た時に器具が邪魔にならないので、歯並びの変化を実感しやすいです。

マウスピース矯正

マウスピースを着けて歯列を矯正する方法で。治療方法はまず歯型を取ってマウスピースを作成します。マウスピースは基本的に常時着用し、定期的に新しいマウスピースに交換して、最終的に理想の歯並びに近づけていくという方法です。ワイヤー矯正と異なり自分で気軽に取り外しができるので、歯も矯正器具も衛生的に保つことができます。マウスピース型矯正装置には「アソアライナー」や「インビザライン」があります。

部分矯正

前歯だけ、奥歯だけなど部分的に歯列を矯正する方法です。一部だけ矯正するので治療費が安価になり、治療が終了するまでの期間も短いのですが、部分矯正が適応できない歯並びがあります。

治療期間

現在の歯並びや噛み合わせの状態、矯正器具の種類や、小児矯正か成人矯正かによって治療期間が変わります。小児矯正では半年~1年ほど、成人矯正では2~3年ほどが平均的な治療期間です。

治療費

歯列矯正は一部ケースを除いて健康保険を適応できないので、基本的に自由診療になります。費用は矯正の種類や小児矯正か成人矯正かによって異なります。小児矯正の場合は総額で20万円~40万円ほど、成人矯正の場合は総額で30万円~150万円ほどが平均的な費用です。

矯正歯科のメリット

矯正治療を受けることで歯並びや噛み合わせが改善され、口元の見た目が良くなります。矯正後は「人前で口を開けて笑えるようになった」「笑顔が増えた」という人が多いです。また歯列が整うことで歯が磨きやすくなったり、上下の歯でしっかりと噛めるようになるので、歯を健康的な状態で長く保ちやすくなります。

矯正歯科のデメリット

一部のケースを除いて治療に健康保険を適応できないため、治療費が高額になります。矯正器具の中でも比較的安価な金属のワイヤー矯正は、矯正器具が目立つので治療中の見た目が気になる人が多いです。またマウスピース矯正など取り外しができる矯正器具の場合、治療中はあまり目立たないですが、装着時間を守らないと治療期間が長くなったり、歯並びが元に戻ってしまう可能性があります。

歯並びの種類

歯並びが悪いことを総称して不正咬合(ふせいこうごう)と言います。不正咬合は大きく以下のパターンにわかれます。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎が下顎よりも大きく前に出ている状態です。歯が前に出ているように見えるので、一般的に「出っ歯」とも言われます。上顎だけが過剰に成長したり、幼少期の指しゃぶりや、成長期に鼻や喉の病気が原因で口呼吸をしていたことなどが主な原因です。上顎が出ているため口が閉じにくくなり、閉じると下顎にシワができる人が多いです。

下顎前突(げがくぜんとつ)

「受け口」「反対咬合」「しゃくれ」とも言われます。下の歯列が上の歯列よりも大きく前に出ており、遺伝的な要因などで、下顎が上顎よりも大きく発達し過ぎたことが原因です。また上の前歯が前方ではなく後方向かって生えたことで、下顎前突に見えることもあります。

叢生(そうせい)

「乱杭歯(らんぐいば)」とも言います。歯が生えるスペースが足りず、歯同士が重なってデコボコに生えている状態です。成長期に上下の顎が大きくならなかったことが原因で、八重歯も叢生に含まれます。歯と歯が重なっているため汚れが溜まりやすく、虫歯や歯周病になりやすい歯並びです。

開咬(かいこう)

噛む時に上下の歯が重ならず、隙間ができている状態を指します。幼少期に舌や唇を噛むくせがあったり、鼻炎などが原因で鼻呼吸ができず常に口呼吸をしていると開咬になりやすいです。

過蓋咬合(かがいこうごう)

噛み合せた時に上の歯が下の歯を隠してしまうくらい、深く噛み合った状態を指します。深い噛み合わせのせいで、下の歯が上の歯茎に当たって傷つけてしまうこともあります。成長期に下顎があまり発達しなかったり、乳歯が虫歯になり抜けたまま放置していたりすることが原因です。

正中離開(せいちゅうりかい)

一般的に「すきっ歯」と言われます。上の前歯2本の間に隙間がある状態です。幼い頃に舌を歯で噛むくせがあったり、上の歯茎(上唇小帯)の形態異常が原因となります。

噛み合わせの重要性

歯列矯正は「歯並び」だけでなく「噛み合わせ」も整っていることが重要です。歯並びだけを良くしても、噛み合わせが良くならなければ歯が正常に機能しているとは言えません。噛み合わせとは上の歯と下の歯が接することを指し、噛んだ時に上下の歯が正しい位置で接していない場合は、噛み合わせが悪いと言えます。噛み合わせが悪いと、食べ物をしっかり噛み砕けない、歯に汚れが溜まりやすくなる、喋りにくくなるなど、口腔機能が低下してしまいます。そして噛み合わせは口腔だけでなく、全身にも様々な悪影響を与えることがわかっています。以下の症状は、噛み合わせが原因で引き起こすことがあります。

・頭痛
・めまい
・目がかすむ
・耳鳴り
・鼻詰まり
・肩こり
・腰痛

原因がわからない頭痛、肩こり、腰痛などは、噛み合わせの悪さが原因かもしれません。なぜなら噛み合わせは口腔機能全体に関わっているだけでなく、全身のバランスが均等になるように保っているからです。噛み合わせが正しく機能しないと、他の筋肉に負荷をかけてバランスを取ろうとするので、筋肉が緊張し、頭痛や肩こり、腰痛などを引き起こしてしまいます。歯列矯正で噛み合わせを良くすることで、上記の症状も改善されることが多いです。気になる症状は矯正歯科で相談してみてください。

診療科目、エリアで絞り込む

診療