オフィスホワイトニング | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは歯科医院で行うホワイトニングのことです。歯を白くすることは老若男女問わず年々関心が高まっています。オフィスホワイトニングは歯科医師または歯科衛生士が強力なホワイトニング剤を使って行うので、1度の施術で歯がしっかり白くなります。

オフィスホワイトニング

1 オフィスホワイトニングの流れ

歯科医院によって一部内容が異なるところもありますが、オフィスホワイトニングの主な施術の流れは以下の通りです。

①カウンセリング

まず患者さんがどのくらいまで歯が白くなりたいのか、歯のどんなところが気になるかなどをヒアリングしていきます。その後希望に基づいて歯科医師や歯科衛生士がホワイトニングのメニューについて説明し、どのメニューを受けるか決めます。メニューが決まったら、施術の流れを案内していきます。

②診察

口腔内を診察し、虫歯や歯周病になっていないかを確認します。状態によっては先に虫歯や歯周病の治療を終える必要があるので、すぐにホワイトニングを受けられない場合があります。

③歯のクリーニング

歯に着色汚れや歯石がついているとホワイトニング剤の効果が薄れてしまうので、歯のクリーニングを先に行います。歯のクリーニングを行うだけでも歯の色がトーンアップし、白くなることがあります。

④歯の色見本で確認、写真撮影

シェードガイドという歯の色見本を使って、患者さんの歯が現在どのくらいの色なのかを確認します。またホワイトニング後の色の変化をわかりやすくするために、施術前に歯の写真を撮ることもあります。

⑤開口器装着

オフィスホワイトニング中は歯にライトを照射し続ける必要があるので、口を閉じることができません。そこで無理なく口が開けられるように開口器という補助器具を着けます。

⑥歯肉保護

歯肉にホワイトニング剤が付くと歯肉が変色したり、やけどのような症状が出る可能性があるので、歯肉を守るために保護剤を塗ります。

⑦ホワイトニング剤塗布

歯の表面にホワイトニング剤を塗ります。

⑧ライト照射

ライトを照射して、ホワイトニング剤を活性化させます。活性化させることで、歯が白くなるスピードが上がります。ライトを照射する時間は平均15~30分程です。

⑨口内洗浄、保護剤の除去

ライトの照射が終わったら口をゆすいだりしてホワイトニング剤を落とします。その後歯肉の保護剤を除去します。

⑩フッ素塗布

仕上げとしてフッ素を塗布します。フッ素には歯質強化の働きと、歯をコーティングする効果があります。

⑪歯の色見本で確認、写真撮影

シェードガイドでホワイトニング後どのくらい歯の色が変わったかを確認します。また施術後の写真を撮って、施術前と色の違いを比較することもあります。

⑫メインテナンスの説明

ホワイトニング後の歯の白さは永久的に続くものではないので、歯の白さを維持するメインテナンス方法や、オフィスホワイトニングを受ける頻度について説明します。また自宅でできる「ホームホワイトニング」をオフィスホワイトニング後にすることで、歯の白さを保つだけでなく、オフィスホワイトニングだけでは到達しにくい白さにすることもできます。オフィスホワイトニングとホームホワイトニングをどちらも並行して行うことを「デュアルホワイトニング」と言います。

オフィスホワイトニングの費用

オフィスホワイトニングは自由診療のため、健康保険を適用できません。ただしホワイトニング施術前の歯石取りは保険を適用できる場合があります。オフィスホワイトニングの費用は平均1~8万円(1回あたり)です。使用するホワイトニング剤の成分や、ホワイトニングをする歯の本数によって価格が変わります。

オフィスホワイトニングのメリット

オフィスホワイトニングは強力な薬剤を使用するので、1度の施術で歯をしっかり白くできます。結婚式や面接などのために見た目の印象を良くしたい人や、早く歯を白くしたいという人におすすめです。また施術は歯科医師や歯科衛生士といった国家資格を持つプロが行うため、安全にホワイトニングを受けることができます。

オフィスホワイトニングのデメリット

オフィスホワイトニングの効果は永久的な物ではありません。白さを保つためには定期的にメインテナンスを受ける必要があります。また診察時の虫歯や歯周病の状態によっては、治療を終えてからでないとホワイトニングを受けられないことがあります。

オフィスホワイトニングをする歯の本数

オフィスホワイトニングではすべての歯をホワイトニングしないことが多いです。なぜかと言うと、普段笑ったり喋るときに他人から見える歯は主に上前歯の6~8本だからです。永久歯は親知らずを含めると32本生えています。しかし普段32本の歯がすべて見えることはなかなかありません。また人の噛み合わせは基本的に上の前歯が下の前歯を少し隠すようになっているので、下の歯がしっかり見えることはほとんどありません。そのため歯科医院ではオフィスホワイトニングの費用を数本単位で設定しているところもあります。

子供のホワイトニングについて

オフィスホワイトニングに限らず、子供はホワイトニングの施術を受けられないことがあります。子供の歯が全て乳歯から永久歯に生え変わるのはだいたい13~14歳ごろで、生えてきた永久歯が成熟するのは18歳頃と言われています。成熟する前の永久歯はまだ薄く、ホワイトニング剤が歯に触れると、知覚過敏のような痛みが出る可能性があります。そのため18歳未満のホワイトニングの施術は、痛みが出ることを考えてお断りしている歯科医院もあります。

神経のない歯のホワイトニング

歯の神経は色味を保つ役割があるので、重度の虫歯や歯周病によって神経を抜いたり、怪我で神経が破壊されてしまうと、少しずつ歯が変色してしまいます。神経のない歯は、オフィスホワイトニングやホームホワイトニングでは白くなりにくいので、「ウォーキングブリーチ」を行います。歯の神経を抜く治療をする時、歯の裏側に小さな穴を開けるのですが、ウォーキングブリーチはその穴を利用して、歯の漂白剤を詰めます。漂白剤は1週間ほど入れたままにして、何度か漂白剤を入れ替えることで、神経のない歯も少しずつ白くなっていきます。ちなみにウォーキングブリーチも、他のホワイトニングと同じく白さが永久的に続かないため、白さを維持するには定期的にメインテナンスを行う必要があります。

診療科目、エリアで絞り込む

診療