歯科口腔外科とは | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院

歯科口腔外科

歯科口腔外科では、虫歯や歯周病以外の歯の治療や、顎、口周りなどの外科治療を行います。歯科と外科の要素を併せ持つ診療科が歯科口腔外科です(以下口腔外科と表記します)。口腔内の外傷や、親知らずの抜歯、顎関節症、口腔乾燥症、口内炎、口腔がんなど幅広く診療します。日本の口腔外科に携わる医師は歯科医師免許を取得している人がほとんどですが、医師免許を取得している人も口腔外科を取り扱うことができます。しかし国によっては口腔外科を取り扱う場合、歯科医師免許と医師免許のどちらも必要なところもあります。

%e5%8f%a3%e8%85%94%e5%a4%96%e7%a7%91%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97

口腔外科の診療領域

口腔外科は診療の幅が広い科のため、厚生労働省によって診療領域が取り決められています。これは法律によって定められているものではないので、守らないと罰せられるものではありません。ですが医業と歯科医業を区別するためにも遵守が求められています。

[口腔外科の診療領域]
・口唇
・頬粘膜
・上下の歯槽(歯の根がはまっている穴)
・硬口蓋(口内前方の硬い部分)
・軟口蓋(口内後方の柔らかい部分)
・舌前方の3分の2
・口腔底(口内の下側)
・顎骨(顎関節も含む)
・唾液腺(耳下腺を除く)

口腔外科の診療内容

口腔外科では幅広い診療を行います。以下では主な診療内容を紹介します。

歯の外傷

歯は交通事故や転倒によって打撲したり、硬いものを噛んで欠けることがあります。歯の打撲や欠損は口腔外科で治療できます。素早く治療をすることで、歯の組織が壊死せずに元に戻せるかもしれません。しかし歯の神経が細菌感染する可能性もあるので、長期の経過観察が必要です。

顎の外傷

顎の外傷も口腔外科で治療ができます。顎は顔の中でも怪我をしやすい場所で、最も多い怪我の原因は交通事故です。顎を打撲した場合は炎症を起こして痛みが続くことが多いので、消炎鎮痛剤を使用し、あまり動かさないように安静にします。また顎骨にひびが入ったり、骨折してしまった場合は、骨を長期間固定する必要があります。

親知らずの抜歯

抜歯は親知らずに限らず外科手術に含まれます。生えてきたら抜くというイメージがある親知らずですが、絶対に抜かなくてはならないものではありません。他の歯を邪魔せずまっすぐ生えており、上下の親知らず同士が問題なく噛み合っていれば抜歯する必要はありません。しかし親知らずが歯肉の表面から出てこず、それによって歯肉が炎症を起こしていたり、斜めに生えて他の歯を邪魔している場合は口腔全体に悪影響を及ぼすので抜歯を考える必要があります。抜歯の際は、親知らずが歯肉に埋まっている場合は歯肉を切開していきますが、顎骨の中にまで埋まっている場合は骨自体を少し削ることもあります。抜歯した後は歯を抜いた穴にかさぶたのような血の塊ができ、1~2週間程で治ります。治癒期間中は歯を強く磨いて血の塊を剥がさないようにする必要があります。

顎関節症

口を大きく開けた時に顎付近から音が鳴る人がいます。この開閉音が聞こえるのは、顎関節が耳の近くにあって聞こえやすいからであり、状態としては首を回したり指を動かしたときにポキポキと鳴るのと同じようなものです。音が鳴るだけなら基本的に治療は必要無いことがほとんどです。しかし口が大きく開かない、または開けるときに痛みがある場合は顎関節症の疑いがあります。顎関節症は一般的に噛み合わせ(歯並び)が原因と言われていますが、必ずしも噛み合わせだけではなく、原因は複数あって、それが積み重なった結果、顎関節症になってしまう人が多いのです。歯ぎしりや食いしばり、咀嚼する筋肉が上手く動いていない、ストレスなども原因の一つです。口腔外科での顎関節症の治療はマウスピースを使って顎関節への負荷を減らしたり、痛む筋肉に対して電気で刺激を与えて筋肉を動かし血流を良くしたりします。また治療以外にも、食いしばりや歯ぎしり、うつ伏せ寝をしないように意識したり、食べ物は柔らかいものを中心にして顎に負担をかけないようにするなども重要です。

口腔乾燥症(ドライマウス)、シェーグレン症候群

口の中が乾きやすいのは口腔乾燥症(ドライマウス)が疑われます。口の中が乾燥する原因は主に以下のようなものがあります。

・口呼吸
・高熱時の脱水
・運動時
・降圧薬や精神安定薬の服用

口の中の乾燥が一時的なものはなく、慢性的な場合はその原因となるものがあるはずです。そしてシェーグレン症候群も口の中の乾燥が症状として現れますが、こちらは自己免疫疾患で、免疫力がうまく機能していないことが原因です。シェーグレン症候群の場合は口の他に目も乾きやすくなります。口腔乾燥症は鼻呼吸をするよう意識したり、乾燥を引き起こしている病気を治すことで症状が治まる場合が多いです。シェーグレン症候群の場合は唾液を分泌させる薬を服用するなど、対症療法を用いて症状を軽減させていきます。

アフタ性口内炎、カタル性口内炎

口内炎も口腔外科で診療できます。口内炎にはいくつか種類があり、いつの間にかできていて、何もしなくても自然に治る口内炎は「アフタ性口内炎」もしくは「カタル性口内炎」の可能性が高いです。これらの口内炎ができる原因は詳しく判明しておらず、免疫力低下や栄養不足、ストレスなど様々な原因が複合してできるものと考えられています。一般的に口内炎というとアフタ性口内炎を指すことが多く、患部は白っぽく、食べ物が少し触れるだけでも痛みを感じます。カタル性口内炎は被せ物や矯正装置が口内粘膜に当たり続けているとできることがあり、患部は赤くなっています。アフタ性とカタル性の口内炎は何もしなくても1~2週間ほどで治ることがほとんどですが、痛みが続く場合は口腔外科で軟膏や内服薬などを処方してもらい、炎症を抑えます。

ヘルペス性口内炎

ヘルペス性口内炎はヘルペスウイルスが原因で口内炎ができます。ヘルペスウイルスは日本人の多くが持っているウイルスですが、免疫力が低下している時以外は基本的に発症しません。ヘルペスの初回感染時は口内炎ができ、歯肉が腫れ上がったり、高熱が出ることが多いです。患部に食べ物が触れるとかなり痛みを伴うので、ご飯が食べにくくなります。ヘルペス性口内炎の診療は対症療法になり、口腔外科で抗ウイルス薬を処方されることで症状が治まることが多いです。

口腔がん(悪性腫瘍)

口腔がんも口腔外科での診療が可能です。口腔がんは舌、唇、口底、歯肉、頬などにできた悪性腫瘍のことを指します。この中でも発生率が最も高いのは舌がんです。口腔がんは女性よりも男性の方が発生率が高く、年齢は50代以上の人が発生しやすいです。原因は主に喫煙と飲酒であり、タバコを吸っている人は、吸わない人に比べて口腔がんの発生率が2倍以上増加することがわかっています。またタバコほどではないものの飲酒も要因の一つです。喫煙と飲酒の頻度が高い人は、低い人と比べて発生率がさらに高まります。口腔がんは悪性腫瘍なので、良性腫瘍と比べて他部位への転移や進行が早いです。ですが早期に発見し治療を開始できれば多くの口腔がんは完治します。まず良性腫瘍か悪性腫瘍か確認するために視診や触診を行い、腫瘍の範囲や深さを診るためにCT検査なども行います。治療は放射線治療や抗がん剤治療、手術をします。

口腔外科の治療費

基本的に健康保険適応内で治療ができます。

口腔外科のメリット

前述の通り、親知らずの抜歯などは手術に含まれます。口腔外科を取り扱う歯科医師は外科的処置に精通しているため、親知らずもなるべく体に負担をかけないように抜歯してくれます。

口腔外科のデメリット

より専門的な治療が必要な状態の場合は大学病院などを紹介されることがあり、すぐに受診できない可能性があります。また、場所に限りがあるので通院が不便になります。

診療科目、エリアで絞り込む

診療