歯周病治療 | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院

歯周病治療

歯周病は過去に歯槽膿漏とも呼ばれていました。歯の周り(歯周組織)の病気で、虫歯のように歯そのものは病気になりません。歯周病になると細菌が歯周組織に炎症を起こして、歯を支える骨や粘膜などを少しずつ破壊していきます。治療しないまま進行すると歯周組織が歯を支えることができなくなり、ぐらぐらと倒れそうになります。そして最終的に歯が自然と抜け落ちたり、抜歯しなくてはならない状態になってしまいます。歯周病は罹患(りかん)しても、初期は痛みがないので自覚症状がないまま進行しやすく、歯や口腔だけでなく、別の疾患を悪化させたり、併発させることもある恐ろしい病気です。特に近年話題になっているのは歯周病と糖尿病の深い関わりです。歯周病が進行すると血糖値のコントロールがうまくできなくなり、糖尿病も悪化しやすくなることがわかっています。

歯周病

歯周病の罹患率

歯周病は世界で最も罹患率が高い病気としてギネスブックに載っています。日本の場合、40歳以上の8割は歯周病になっていると言われています。初期は自覚症状がほとんどないので、気がつかない人も含めると非常に多くの人が歯周病になっている可能性があるのです。

歯周病は細菌が原因

人の口内には常に細菌が潜んでいます。その数は500種以上、1000億個以上と言われており、「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」のいずれかに分類されます。善玉菌は口内の健康を保つ菌、悪玉菌は有害物質を作る菌、日和見菌は善玉菌が多いと何もしませんが、悪玉菌が増えると一緒に有害物質を作り始める菌です。通常は口内の健康を保つために善玉菌が中心となって働きますが、免疫機能が低下すると、悪玉菌が増えて体に悪影響を及ぼします。そして歯周病を引き起こすのは悪玉菌である「歯周病菌」が原因です。歯周病菌には種類があり、主な菌はP.I菌、P.G菌、A.A菌です。これらの菌は歯磨きをサボったり、歯磨きのやり方が適切でないと歯に残り続け、時間が経つと歯垢という細菌の塊に変化します。歯垢はねばつきがあり、酸素が行き届きにくい隙間に停滞します。そして歯垢が停滞し続けると歯石に変化します。歯石に変化してしまうと歯磨きではなかなか取れません。歯石は細菌をより引き寄せて、細菌は毒素を出し始めます。細菌が出す毒素によって歯周病を引き起こしてしまうのです。

歯周病を悪化させる要因

歯周病は細菌の毒素によって引き起こされる病気ですが、口腔環境や生活習慣によって急激に進行し、悪化することがあります。悪化する要因を危険因子(リスクファクター)といい、当てはまる危険因子が多ければ多いほど歯周病が進行しやすくなります。

口腔環境に関する危険因子

歯並びが悪い

歯並びが悪く、歯と歯が重なって生えていると歯ブラシが届きにくい隙間ができるので、歯垢や歯石ができやすく、歯周病になりやすいです。

詰め物や被せ物が合わない

虫歯などで詰め物を入れたり被せ物をつけた場合、高さや形が合わないと隙間や溝ができて歯磨きがしにくくなります。歯ブラシが行き届かない場所に歯垢が溜まりやすくなるので、歯周病を引き起こす原因になります。また詰め物や被せものが合わないせいで噛み合わせが悪くなっていると、歯周組織に大きな負荷がかかり、歯周病が進行しやすくなります。

歯ぎしり、食いしばりをする

歯ぎしりや食いしばりは非常に強い力がかかるため、歯や顎だけでなく歯周組織にも悪影響を及ぼします。歯を支える骨である歯槽骨に強い圧力がかかり、歯槽骨が少しずつ溶けて歯周病が進行する可能性が高まります。

生活習慣に関する危険因子

喫煙

喫煙している人は歯周病になるリスクが跳ね上がり、タバコを吸っている本数が多いほど歯周病になりやすいということがわかっています。タバコのニコチンには血管を収縮する作用があるので、歯周組織に酸素や栄養が運ばれにくくなってしまい免疫力が下がります。そのため歯周病菌が活発になりやすいのです。そして歯周病にかかると歯茎から出血する症状が出てくるのですが、タバコを吸っているとタールの作用によって歯肉から出血しにくくなるため、歯周病にかかっているのを見逃しやすくなります。

飲酒

アルコールの過剰摂取により身体機能が低下すると、免疫力が下がり、歯周病にかかりやすくなります。また人体のアルコールを分解する能力には個人差が有り、分解する能力が高くお酒が強い人は「活性型」、分解する能力が低くお酒が弱い人は「不活性型(低活性型)」、全く分解できずお酒が飲めない人は「失活型」に分かれます。中でも不活性型は他の型と比べて歯周病のリスクが4倍以上になると言われています。

ストレス

人はストレスがかかるとノルアドレナリンというホルモンが出てきます。ノルアドレナリンは細菌が毒素を出しやすくする働きがあり、歯周病を悪化させてしまいます。

不規則な生活

睡眠時間が少なかったり、栄養バランスの偏った食生活をしていると、免疫力が低下してしまいます。免疫力が低下していると歯周病菌が増えやすくなります。

また以下のようなものも歯周病の危険因子となり得ます。

・薬の副作用
・ホルモンバランスの変化(妊娠時や更年期など)
・遺伝

歯科医院での歯周病検査

歯周病検査ではまず歯科医師が歯垢や歯石がついていないか、そして歯茎が腫れていないかをチェックしていきます。その後レントゲンまたは歯科CTを撮影し、歯周組織の状態を確認します。そして専用の器具を使って歯周ポケット(歯と歯茎の間のふち)の深さを確かめ、歯の染め出し液を使って、磨き残しが多い部分なども見ていきます。様々な箇所を細かく確認して、歯周病になっているのか、もしなっている場合はどの段階なのかを診断します。歯周病検査は多くの歯科医院が実施しており、健康保険が適用できるところが多いです。「自覚症状はないけど、検査を受けたら歯周病だった」という人は多く、歯周病は初期であればあるほど進行を止めやすいです。特に最近歯科医院に行っていないという人は、歯の健康状態をチェックするためにも歯周病検査を受けるのがおすすめです。

歯周病の段階別症状と治療

歯周病は歯周組織が炎症を起こす病気の総称です。「歯肉炎」と「歯周炎」に分けられ、以下のような段階別になります。

歯肉炎

症状
歯肉が少し赤く腫れ、歯周ポケットという隙間ができ始めて、歯垢が溜まりやすくなります。歯磨きをすると出血することがありますが、痛みは基本的にありません。

治療方法
歯磨きやフロス、歯間ブラシで日々歯垢の除去を行うだけでも少しずつ改善していきます。しかしセルフケアだけですべてを除去しきれないことが多く、歯石は歯磨きでは取れないので、歯科医院で歯のクリーニングを受けるのがおすすめです。歯のクリーニングでは専用の器具を使って歯垢や歯石を落とし、歯の表面もツルツルになるまで磨きます。歯の表面は力強く歯磨きをしているとザラザラになって、そのザラザラになった面に細菌が付着しやすくなります。表面をツルツルに磨き上げることで細菌が付着しにくくなり、付着しても歯磨きやうがいで落としやすくなります。定期的に歯のクリーニングを行うことで、歯垢や歯石が隅々まで除去され、細菌の増殖を抑えることができるので、歯肉炎が進行しにくくなります。

歯周炎(軽度)

症状
歯肉炎よりも歯肉が腫れ上がり、歯周ポケットの隙間が深くなります。深くなった歯周ポケットは歯垢や歯石が入り込みやすく、なかなか取れなくなるのでそのまま留まってしまいます。歯肉から出血する頻度が高くなって、歯槽骨が少し溶け始めることがあります。

治療方法
セルフケアだけでなく、歯科医院で歯のクリーニングを定期的に行います。クリーニングで歯垢や歯石を取り除いて、歯周病検査も定期的に行い歯周ポケットの深さを確認していきます。治療開始初期は歯のクリーニングをこまめに行うことで、菌をしっかり除去できるので短期間で歯周病の症状が改善できるかもしれません。改善が確認できたらクリーニングの頻度を低くして、継続的にクリーニングして歯周炎の進行を防ぎます。

歯周炎(中等度)

症状
軽度の歯周炎よりも歯周ポケットが深くなるので、歯垢や歯石が歯茎の深くに留まるようになり、歯槽骨が溶けやすくなります。そのため歯がぐらぐらするようになったり、冷たいものが深くなった歯周ポケットに入り込んでしまうので歯がしみやすくなります。また歯茎から膿がでることもあり、膿が出ると口臭が強くなります。

治療方法
歯周ポケットに入り込んでいる歯垢や歯石を除去します。除去する時に歯の根元付近に触れるので痛みを伴うことがあります。その場合は局所麻酔を使うことで痛みなく除去することができます。そして歯の根元まで歯垢や歯石がついている場合は、歯周外科手術という歯肉切開手術をする場合があります。

歯周炎(重度)

症状
重度の歯周炎になると歯周ポケットが非常に深くなり歯茎がぶよぶよと柔らかくなります。細菌によって歯周組織が広い範囲で壊され、侵食されている状態です。歯を少し触っただけでも動いてしまうので、食事がしにくくなり、歯がぐらぐらするたびに出血や膿が繰り返し出ることもあります。重度のまま治療をしないと最終的に自然と歯が抜けてしまいます。

治療方法
まず歯垢や歯石をしっかり取り除いていきます。歯の根元までこびりついている場合は歯周外科手術を行い、歯肉を切開して歯垢や歯石を除去します。また重度になると歯周組織がほとんど壊れている状態なので、薬剤で回復させ、再生する「歯周組織再生療法」を行うこともあります。歯周組織再生療法には「GTR法」や「エドムゲイン法」などがありますが、専門的な治療のため歯科医院によって対応できないことがあります。そして基本的に歯を残すために治療計画を立てますが、どうしても歯を残せない場合は抜歯をすることもあります。

治療費

基本的な歯周病検査や歯石除去は健康保険が適用できます。しかし保険での歯石除去は1度に行える本数に決まりがあります。すべての歯を一度で綺麗にしたい場合は「PMTC」という歯のクリーニング方法がありますが、PMTCは保険適用外の自由診療となります。また歯周組織再生療法も基本的に自由診療となり本数や範囲によって金額が異なるので、気になる場合は歯科医院に問い合わせてみてください。

治療方法 平均費用
歯周病検査~歯石除去 (健康保険適用で、3割負担の場合)2~3千円/1回
PMTC 5千円~2万円/1回
歯周組織再生療法 3万円~13万円/1歯

診療科目、エリアで絞り込む

診療