ホワイトニングとは | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院

ホワイトニング

「whitening」ホワイトニングは一般的に歯を白くすることを指し、ブリーチング、歯牙漂白とも呼ばれています。
ホワイトニングは、コーヒーやタバコなどが原因で茶色く変色してしまった歯を、専用の薬剤を使い白くする施術のことです。笑ったときに見えるのが、白い歯であるか黄ばんだ歯であるかで、だいぶ印象が変わります。多くの芸能人がホワイトニングを行っているのも、歯への印象がいかに重要であるかを物語っています。

%e3%83%9b%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0%e2%91%a0

歯の色

自分の歯の色はどのように決まるかご存知ですか?歯は層のような構造になっており、表面はエナメル質という層で、その下には象牙質という層があります。エナメル質は透明度が高くて、基本的に白色ですが、象牙質は白ではなくアイボリーのような色をしています。エナメル質の透明度が高いため、象牙質の色が透けて見えるようになっています。さらにエナメル質や象牙質の透明度や厚み、色にも個人差があるので、もともと歯が白っぽい人もいれば、黄色っぽい人もいるのです。そして人種によっても色味の傾向が異なります。黄色人種である日本人の歯はエナメル質が薄く、象牙質の黄色みが強いので白人や黒人よりも黄みがかかった色をしています。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」、自宅などで行う「ホームホワイトニング」、どちらも行う「デュアルホワイトニング」があります。

オフィスホワイトニングとは

歯科医院で行うホワイトニングがオフィスホワイトニングです。専用の薬剤を歯に塗布し、光を照射します。ホワイトニング剤のみでも歯についている色素を分解して漂白できますが、光を当てることでさらに高い効果を引き出すことができます。オフィスホワイトニングは1度の施術である程度効果が出やすいので、すぐに歯を白くしたい人に適しています。オフィスホワイトニングで使用する薬剤は過酸化水素を主な成分としています。過酸化水素は薬事法上劇薬扱いであり、歯科医師資格または歯科衛生士資格を持たない人は過酸化水素の入ったホワイトニング剤を患者さんに使用できません。

ホームホワイトニング

自宅などでホワイトニングを行う方法です。歯科医院でマウスピースを作成し、自宅などでホームホワイトニング用の薬剤を入れ、1~2時間ほどマウスピースを着けて過ごします。ホームホワイトニングはホワイトニング剤をじっくりと浸透させる方法なので、オフィスホワイトニングと比べると歯を白くするのに時間がかかります。しかしその分浸透率がよいので色戻りしにくく、白い歯を維持しやすい方法です。ホームホワイトニングで使用するマウスピースは1度作成すれば繰り返し使えて、ホワイトニング剤がなくなったら追加で購入が可能です。ホームホワイトニングでは主に「過酸化尿素」が入った薬剤を使用しています。

デュアルホワイトニング

オフィスホワトニングとホームホワイトニングのどちらも行うのがデュアルホワイトニングです。まず歯科医院でオフィスホワイトニングを行った後に、マウスピースを作成し、自宅などでホームホワイトニングも行っていきます。これによってどちらか一方のホワイトニングだけでは到達しにくい白さまで、歯を白くすることができます。歯をより素早く白く、そしてその白さを長く持たせたい人に向いています。デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングどちらも行うため費用は高額になります。

歯科医院でのホワイトニングとセルフホワイトニングサロンの違い

歯科医院以外でホワイトニングができるのが「セルフホワイトニングサロン」です。もともと患者さんの口腔内に触れることができるのは「歯科医師」もしくは「歯科衛生士」と法律で定められており、有資格者がいないセルフホワイトニングサロンでスタッフが口腔内に触れるのは違法になります。そのためセルフホワイトニングサロンでは薬剤を塗るところからライトを照射するところまですべてお客さん自身が行います。またセルフホワイトニングサロンは薬機法上濃度の濃い過酸化水素や過酸化尿素を使用できません。セルフホワイトニングサロンでは主に「ポリリン酸」「メタリン酸」といった成分を主とした薬剤を使用しています。

治療費

自由診療のため、歯科医院によって金額が異なります。オフィスホワイトニングの場合は1回の診療で1万円~6万円、ホームホワイトニングの場合はマウスピース作成代や薬剤代を含めて2万円~5万円、デュアルホワイトニングの場合は4万円~10万円が平均の費用です。前歯だけや、上の歯だけホワイトニングしたいなど、部分的なホワイトニングをする場合は費用が安価になります。

ホワイトニングのメリット

歯を削ることなく色を白くできます。また歯の色にコンプレックスを持つ人は、歯が白く美しくなることで自信が持てるようになります。

ホワイトニングのデメリット

自由診療のため費用が高額になることがあります。また喫煙や嗜好品、生活習慣によってはすぐに色戻りしてしまうかもしれません。そして歯質や歯の状態によっては、薬剤の影響でホワイトニング中に歯が痛くなったり、歯がしみるなどの症状が起こることがあります。

ホワイトニング中の歯痛

ホワイトニングの施術中に歯が痛くなる、歯がしみるといった症状が出る人がいます。原因は以下のようなものがあります。

ライトが原因

歯にホワイトニング剤を塗った後、薬剤を活性化させるために光を照射します。この光を照射する時に起こる温度変化や化学反応によって痛みを感じることがあります。

歯がすり減っている、ヒビが入っている

歯を強く磨いていたり、歯ぎしりや食いしばりを日常的に行っていると、歯はだんだんとすり減ってしまいます。また歯がもろくなっていると、硬いものを食べたときにヒビがはいることがあります。このような状態でホワイトニング剤を塗ると、成分である過酸化水素が歯の神経近くまで染み込んで、痛みを感じることがあります。

ホワイトニング中の痛みは、知覚過敏のような一時的なものがほとんどです。しかし痛みがずっと続く場合は歯の神経が炎症を起こしている可能性もあるので、すぐに歯科医師に相談しましょう。

ホワイトニングの薬剤の成分

ホワイトニングでは主に以下のような成分が含まれた薬剤を使用しています。

過酸化水素

主にオフィスホワイトニングのホワイトニング剤に使用されています。過酸化水素は洗濯物の漂白剤や、傷の消毒などに使われるオキシドールにも入っている成分です。過酸化水素を一定の温度に変化させたり、光を照射して化学反応を起こすことで酸化がはじまり、歯についている色素を分解していきます。色素が分解されることで歯が透き通り、光の反射率が良くなるので歯の色が白く見えるようになります。過酸化水素は薬機法上劇薬扱いで、医療機関以外は、過酸化水素が3%以上のものを取り扱うことを禁止されています。低濃度で使用することで、歯のホワイトニングにも安全に使用できます。

過酸化尿素

主にホームホワイトニングのホワイトニング剤に使用されています。過酸化尿素はある一定の温度になると尿素と過酸化水素に分解されます。その後は前述の過酸化水素と同じく、酸化による色素分解がはじまり、歯が白く見えるようになります。過酸化尿素は過酸化水素自体の濃度が低いため、歯科医師や歯科衛生士の指導の元ホームホワイトニングで使用することができます。

ポリリン酸

主にセルフホワイトニングサロンのホワイトニング剤に使用されています。ポリリン酸は人体にも元々存在する化合物です。歯に付着すると、ステインを除去し、付着した後数時間留まるので、汚れなどから歯を守ってくれる働きがあります。過酸化水素が歯の中まで浸透し色素を分解するのに対して、ポリリン酸は歯の表面についた色素を分解します。

メタリン酸

ポリリン酸と同じく、主にセルフホワイトニングサロンのホワイトニング剤に使用されています。メタリン酸は食品添加物などにも使用されている成分です。歯科においては歯磨き粉にも使用されています。メタリン酸はポリリン酸と同じく、歯に付着するとステインを除去する働きがあります。またステインだけでなく、歯垢を除去し歯を清潔に保つ効果もあります。

診療科目、エリアで絞り込む

診療