ジルコニア | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院

ジルコニア

ジルコニアはセラミックの一種で、酸化物系(酸素化合物)セラミックスに分類されます。歯科では2005年頃から使われ始めた新しい素材ですが、「耐久性」と「審美性」のどちらも優れているため、普及率が年々上昇しています。ちなみにジルコニアは歯科だけでなく、人工ダイヤモンドなどの宝飾品にも使用されています。

ジルコニア

1 審美歯科でのジルコニア

ジルコニアは以下のような用途で使用されています。

インレー(詰め物)

虫歯などで歯の削った箇所を人工物で埋める方法です。まず型を取り、ジルコニアの塊から削り出してインレーを作成し、特殊な接着剤を使ってはめ込みます。ジルコニアは色味にいくつか種類があるため、自分の歯に近いインレーを作ることができます。ジルコニアインレーは審美性や耐久性だけでなく、耐熱性にも優れています。樹脂などのインレーと異なり、温度による変形が起こりにくいので、長期間使用してもインレーと歯の間に隙間がほとんどできません。そのためインレーをつけた後、インレーと歯の隙間からできる「二次カリエス(二次的な虫歯)」が発生する可能性が低いです。

クラウン(被せ物)

歯大きく失った場合はクラウンという被せ物をつけることで、人工的に歯を再現することができます。ジルコニアを使用したクラウンには「フルジルコニアクラウン」と、「ジルコニアセラミッククラウン(ジルコニアボンドクラウン)」があります。

①フルジルコニアクラウン
素材にジルコニアのみを使用したクラウンです。耐久性が高いので、歯ぎしりや食いしばりをする癖があり、歯がすり減りやすい人にも使用できます。またジルコニアは長期間使用しても変色が起こりにくいので、クラウンはもちろん、クラウンが接している歯茎も変色しにくく、きれいな口腔状態を保ちやすいです。

②ジルコニアセラミッククラウン(ジルコニアボンドクラウン)
中のフレームをジルコニアで作成し、外側にセラミックを焼き付けたクラウンです。外側に透明度が高く、色の自由度が高いセラミックを使用することで、より自分の歯に近い自然なクラウンを作成できます。

2 ジルコニアのメリット

耐久性に優れている

ジルコニアはセラミックの中で最も高い耐久性を誇り、変形や破壊に耐えられる「機械的強度」があります。従来歯科で使われていたセラミックの、耐久性が低く割れやすいという欠点をカバーすることができるのです。また物質の硬さを表す単位にモース硬度がありますが、ジルコニアは鉄や金よりもモース硬度が高い素材です。そして硬さだけでなく靭性も高いので、大きな力が1点に集中しても、物質の中で力が分散して破損するのを防ぐ性質があります。

審美性に優れている

歯科で使われるジルコニアの色は白っぽい色から、黄色みが強い白まであります。着色を施すこともできるので、自分の歯に近いインレーやクラウンをつくることができます。また天然歯には光を通すとその光が透けて見えるような透明感がありますが、以前のジルコニアはあまり透明感が出せませんでした。しかし近年は技術の進歩により透明感も再現できるようになっています。そしてジルコニアは経年劣化による変色が起こりにくいので、きれいな状態を長く保ちやすいです。

軽量性に優れている

歯科の素材として使われている金属と比べてジルコニアは軽量です。そのため噛む時に歯や顎に負担がかかりにくいです。

生体適合性に優れている

ジルコニアはインプラントの歯根部(歯の根元に相当する部分)や、人工関節にも使用されています。人体に埋め込んでも拒絶反応や異物反応が起きにくく、生体適合性が高いのです。そのためインレーやクラウンにも安心して使用できます。またジルコニアは金属アレルギーを起こしにくい物質でもあります。金属アレルギーは、金属から出てくる「金属イオン」が人の持つタンパク質と結びついてアレルゲン物質に変化し、アレルギー症状を引き起こします。そのため既に金属アレルギーを持っている人は歯に銀や金などの素材を使えません。また症状が出ていなくても、金属の歯を長年口内に入れていると後々アレルギー症状を引き起こす可能性があります。ジルコニアを使用することで金属アレルギーを未然に防ぐこともでき、すでに金属アレルギーの人も安心して治療を受けられます。

2 ジルコニアのデメリット

形の再調整が難しい

ジルコニアは非常に硬い素材なので、インレーやクラウンを作成し、装着した後は、細かい再調整が難しいです。装着後形が合わない場合は、最初から作り直す可能性もあり、インレーやクラウンをジルコニアで作成するには高い技術が必要とされています。近年は適合性をより高めるためにコンピューターでインレーやクラウンを設計し、加工機で削り出す方法の「CAD/CAM」を導入している歯科医院が増えています。

自由診療のため高額

ジルコニアを使用した治療には健康保険を適応することができないので、治療費が高額になります。

症例がまだ少ない

ジルコニアは2000年ごろから使われるようになった新しい素材なので、他の素材と比べると症例が少ないです。データによって安全性は保証されていますが、実際の治療後のデータはまだ少ないのが現状です。

ジルコニアの治療費

ジルコニアを使用した治療には健康保険を適応できません。そのため自由診療となり、平均的な費用は以下のとおりです。

種類 平均費用
ジルコニアインレー 4万円~8万円
フルジルコニアクラウン 5万円~12万円
ジルコニアセラミッククラウン(ジルコニアボンド) 9万円~16万円

診療科目、エリアで絞り込む

診療