アートデンタルクリニック 医療法人 輝朱会 理事長 黒川 輝将 | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院
2019年1月17日

歯学博士
日本歯科保存学会 専門医

地域密着型の歯科医院として、2歳のお子さんから100歳の方まで幅広い年齢層の患者さんが来院されています。最新の設備も導入しており、様々なニーズにお応えできるようになっています。そんなアートデンタルクリニック院長黒川先生に医院の特徴や今後についてなどインタビューさせていただいた。

―先生が歯医者を志したきっかけは?

私の母はクリスチャンで、人の役に立つ仕事を将来目指して欲しいというのが常々ありました。私も同じような考えを持っていたので、人の役に立てる医療の道に進みたいと思ったことが最初のきっかけです。
医療の中でも歯科の道に進んだ理由は、一番身近だったのと、虫歯になってしまい診療を受けるうちにやってみたいと思うようになったからです。

―アートデンタルクリニックの特徴を教えてください。

当院は夫婦でやっていますので、男性女性のドクターが常におり、幅広い患者さんの対応が可能です。また、仕事などが忙しく通院することが難しい患者さんのために平日は20時まで、土日祝日も診療しています。
近隣の歯科医院の先生から、当院が歯内療法専門ということで、なかなか治りづらい患者さんをご紹介いただいたり、口コミで来ていただく患者さんも多いので、歯の根の治療に力を入れています。ただ、歯内療法が専門ではありますが、この地域柄、専門分野だけでなくそれ以外の治療においても患者さんのニーズに幅広く対応できるようにしています。
時間がない患者さんのニーズにも応えられるよう、当院ではセレックシステムを導入しています。海外から一時的に日本に戻ってきて、1週間しか滞在できない患者さんの場合ですとスピーディーな治療が求められます。セレックですと、歯科技工所に依頼することなくすぐに修復物を作成することが可能で、治療時間を短縮することができるので、そういった時間がない患者さんも対応できます。坂戸、鶴ヶ島エリアでセレックシステムを導入しているのは当院だけなので、HPを見てお問い合わせいただく患者さんも多いです。
私は几帳面な性格ということもあり、時間をとても大事にしています。当院は予約制なので、その時間内で遅れないようにきっちりと治療することを意識しています。また、歯科は怖いというイメージをお持ちの患者さんが多いと思いますので、リラックスして治療を受けていただけるように心がけています。
来院される患者さんは色々な悩みをお持ちで、希望も様々です。私の経験から患者さんにとって1番ベストだと思う治療方法を提示させていただいて、一緒にお話をして、患者さんの希望と合わせつつ、治療方法を決めていくスタイルをとっています。

―今後の歯科業界についてと展望を教えてください。

私は学校歯科医もやっているのですが、だんだんと虫歯のお子さんが減ってきています。また、国民全体も2、30年前と比べると口の中の意識が高まってきていますので、今後は予防の重要性がより増していきます。
また、当院がセレックを導入したように、アナログからデジタルに移行してきています。歯のブリッジや詰め物に関しては、ほとんどデジタル化しているので、今後は入れ歯もデジタル化していくのかなと思っています。
今後に関しては、小さいお子さんから家族ぐるみで来院いただいて、虫歯にならないために検診を兼ねたクリーニングにも力を入れて、少しでも心配なことがあれば電話していただけるような身近な歯科医院にしていきたいなと思っています。
業界全体としては生存競争になってくるので、他の歯科医院にはない特色を出していかなければと思っています。その中で当院は歯内療法専門なので、まだ導入していないCTやマイクロスコープの導入を視野に入れて、専門的なところをより伸ばしていきたいです。
やはり虫歯にならないことが1番なので、予防や歯周治療の重要性をより広めていきたいですね。

医院紹介はこちら


歯医者の選び方って?とは
はじめてのかたへ