KS麻布十番デンタルクリニック 医療法人 武井会 理事長 武井 賢郎 | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院
2019年1月18日

歯学博士
日本歯周病学会 専門医
日本顎咬合学会 理事
日本顎咬合学会 指導医
日本臨床歯周病学会 認定医
日本歯科人間ドック学会 認定医
日本口腔インプラント学会 専門医
日本口腔医科学会認定 セカンドオピニオン専門医
アメリカ口腔インプラント学会 認定医

講演実績多数

バランスのとれた自然で審美性の高い治療を得意としている武井先生。日本歯周病学会専門医、日本口腔インプラント学会専門医などの資格も取得されており、専門性の高い治療を提供されています。そんな先生に医院の特徴や今後についてなどインタビューさせていただいた。

―先生が歯医者を志したきっかけは?

人に喜ばれる仕事がしたくて、医療分野に魅力を感じていました。また、元々細かい作業が好きで、器用だったのと、歯科医師になってみたらという親の勧めもあり、目指すことにしました。

―KS麻布十番デンタルクリニックの特徴を教えてください。

口もとの審美のみならず、顔全体の審美性、バランスを考慮した審美歯科治療を得意としています。ただ、噛み合わせをしっかり作らなければ見た目を綺麗にしても長持ちしません。セラミックのかぶせ物や詰め物が壊れやすくなってしまいます。構造的に安定させるためにインプラントや矯正などの治療で噛み合わせをしっかりと作るようにしています。また、歯周病になると歯が動いてしまい、その状態では噛み合わせが安定しないので、日本歯周病学会の専門医として歯周病の治療も行っています。
来院された患者さんには、まずしっかりと現在の状態をカウンセリングルームで詳しく説明して、治療の流れ、期間をお伝えするようにしています。 また、治療後も綺麗な状態を長持ちさせられるようにメインテナンスにも力を入れています。メインテナンスのために通っていただく必要がありますので、痛くて通院することが嫌にならないように痛くない治療をするように気をつけています。
良くなったことを実感していただける治療も心がけています。まずは気になるところを治療して、術前術後をきちんと説明し、痛くなくなった、食べられるようになった、綺麗になったと段階を踏んでいきます。何回通院しても良くならないと言う人は、治っているという実感がないので次第に通わなくなってしまいます。なので、良くなっているということを毎回確認できるような治療方針を考えています。

―今後の歯科業界についてと展望を教えてください。

今後、治療は徐々になくなり、予防が中心になっていきます。そして、治療ではなく、悪くならないために予防で通う患者さんがより増え、人間ドックが歯科でもどんどん広まっていくと思います。
10人に1人は永久歯がない人がいると言われています。矯正を行い、咬み合わせを安定させる必要があるので、矯正にもますます力を入れていく必要があります。
最近では、ブラッシングはしっかりとできる人が増えているのですが、歯ぎしりや食いしばりなどの力への対応ができていない人が多いです。歯ぎしりや食いしばりの大きな原因はストレスなので、ストレスをやわらげ、歯を壊さないようにすることも重要になってきます。
今後に関しては、気軽にあいさつできるような関係を患者さんと作りたいと思っています。そのためには患者さんに対して私が100%満足できる、これ以上はないという治療を提供しなければならないと思っています。持てる限りの力を出していれば、どこで患者さんに会っても大丈夫。自信がない治療を提供していては負い目を感じてあいさつできないですよね。
治療面に関しては、綺麗にすることが好きなので、より多くの患者さんの口の中を綺麗にしていきたいです。いつまでも若々しくいるためには口の中の健康が大事です。歯が黄色くなったり、黒くなったりすると年老いて見えるので、60歳、70歳になっても若々しく見えるよう綺麗にしていきたいです。

KS麻布十番デンタルクリニック医院紹介はこちら

たけい歯科クリニック医院紹介はこちら


歯医者の選び方って?とは
はじめてのかたへ