宮里歯科医院 院長 宮里 幸祐 | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院
2019年1月30日

日本歯科保存学会 専門医
大阪大学招へい教員

日本歯科保存学会専門医の資格をお持ちの宮里先生。親子二世代にわたり、堺市西区の地域歯科医療を支えています。そんな先生に医院の特徴や今後についてなどインタビューさせていただいた。

―先生が歯医者を志したきっかけは?

私は、幼少期からスポーツをずっと続けてきたので、スポーツに携わる医者になりたいと思っていましたが、歯科医師だった父親の影響で、歯科業界にもスポーツと関われる仕事があることを知り、父親と同じ歯科医師になることを決めました。

―宮里歯科医院の特徴を教えてください。

当院は一人ひとりの患者様に丁寧な治療ができるよう、診察時間を長めに設定しています。しっかりと説明を行い、お互い納得してから治療を始めるように徹底していています。
私は日本歯科保存学会専門医の資格を持っていますので、歯の保存治療を得意としています。お子様をお持ちの親御様には予防の大切さをお伝えし、セルフコントロールが段々と難しくなる高齢者の方には、フォローが出来る体制を整えています。なるべく自分の歯を保存する方法を提案し、幅広い患者様に合わせた治療を行っています。

―今後の歯科業界についてと展望を教えてください。

近年は虫歯の患者様の数が少なくなり、虫歯治療の回数が減少しています。今後は高齢化が進むにつれ、歯周病の患者様が増加し、インプラントの需要よりも義歯の需要が増えると思っています。
今の時代は、患者様自身でたくさんの情報を調べることできますので、患者様が納得する治療プランを提案することが求められ、納得していただくための知識と技術がより必要になってくると思っています。新しく発展した技術を当院にも取り入れていき、この地域で長く続けていくことで地域歯科医療に貢献していきたいです。

医院紹介はこちら


歯医者の選び方って?とは
はじめてのかたへ