きたみち歯科医院 院長 北道 敏行 | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院
2019年2月8日

日本臨床歯科CADCAM学会 理事
日本臨床歯科CADCAM学会 関西支部長
株式会社モリタ CERECインストラクター
株式会社白水貿易 VITA CEREC インストラクター
Ivoclar Vivadent株式会社 CEREC インストラクター
国立学校法人 広島大学非常勤講師

講演・セミナー実績多数

CAD/CAMを用いた治療に特化している院長の北道先生。医院のCAD/CAMは世界各国の先生が見学に来られるほどです。またCAD/CAMを用いた治療の講演やセミナー活動を全国で行っています。そんな先生に医院の特徴や今後についてなどについてインタビューさせていただいた。

―先生が歯医者を志したきっかけは?

私の父親が歯科医師だったので、父の姿に憧れ歯科医師になりました。小さい頃から父親の医院を受け継ぐだろうと思っていましたので、歯科医師になることに迷いはありませんでした。

―きたみち歯科医院の特徴を教えてください。

当院のCAD/CAMは、日本一の設備だと自負しております。病院に勤務していた頃、CAD/CAMを用いた即時修復の治療を行っていました。この治療は、その日のうちに歯を修復することができますので、感染やトラブルを未然に防ぐことに繋がります。この治療方法に出会い、当院にも導入を決めました。今ではアメリカやヨーロッパからも見学に来られる先生がいます。2万症例以上の実績が、私の強みだと思ってます。
来院された患者様には、納得いただけるまで説明することを心がけています。マイクロスコープを使った治療を行うことで、毎回の治療を映像と写真で記録することができます。どのような治療をしたのか、ご自身の歯の状態はどうなっているのかを毎回確認することができますので、原因を理解してもらうことで再治療の頻度を減らしていけるように努めています。きちんと説明を行い、理解してもらうことが予防にもつながると思っていますので、説明を重視した治療スタイルを続けていきます。

―今後の歯科業界についてと展望を教えてください。

歯科業界も高齢化社会の影響を受けると思います。ただ、仕事がなくなることはないので、治療内容が細分化されたり、専門性がより高くなっていくと思います。
時代と共に、最新機器の開発が進み、新しいテクノロジーを駆使した治療ができるようになるので、業界全体のレベルは上がっていきます。その中でも予防も含めて、デジタル治療を駆使したより体に優しい、審美的な治療を突き詰めていきたいと思っています。

医院紹介はこちら


歯医者の選び方って?とは
はじめてのかたへ