マイクロエンド歯科 院長 渡邉 征男 | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院
2019年2月18日

ペンエンド・スタディクラブ・イン・ジャパン(PESCJ) 認定医
日本歯科大学総合診療科2 非常勤講師
NPO法人Endodontic Center of Japan 理事長

講演・セミナー・メディア掲載実績多数

根管治療の自由診療専門医院として、精密な治療を行っている渡邉先生。歯内療法において最先端技術・教育・専門制度が確立されている北米のコンセプトを守り、治療にあたっています。そんな先生に医院の特徴や今後についてなどインタビューさせていただいた。

―先生が歯医者を志したきっかけは?

祖父が歯科医師だった影響もあり、子供のころから医院に足を運んでいたので、自然と歯科医師の道に進みました。

―マイクロエンド歯科の特徴を教えてください。

当院は自由診療のみの歯内療法を専門に行っております。そのため、患者さんはかかりつけの歯科医師からの紹介を基本としております。
マイクロスコープを活用し、個室の診療室にて精度の高い治療を提供しています。
北米の1番治る確率が高い方法で、きちんとコンセプトを守り、結果を出すことにこだわっています。

―今後の歯科業界についてと展望を教えてください。

今後歯科業界は自費診療をメインにやられる歯科医院と保険診療をメインにやられる歯科医院の二極化がより進んでいくと思います。費用をかけてでも学術的に勉強されている先生のところで良い治療を受けたいという患者さんが増えています。費用はかかるものの良い治療が受けたいという患者さんは自費診療メインの歯科医院を選び、費用はかけたくないという患者さんは保険診療メインの歯科医院を選ぶといったように、患者さんが選べる時代になってきています。患者さん自身が得られる情報も多くなってきたので、間違ったことをしている歯科医院は自然と淘汰されていくかもしれません。
今後に関しても、今までと同じペースで、無理に広げず、根管治療の専門医として来られた患者さんには100%を目指してきちんと治していきます。紹介していただいた先生から紹介してよかったと思われるように、引き続き精度の高い治療を提供していまいります。根っこの病気などで歯がなくならないように情報がより世の中に広がればいいなと思っています。

医院紹介はこちら