やまなか歯科医院 院長 山中 威典 | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院
2019年8月9日

歯学博士
日本補綴歯科学会 専門医

地域密着で予防歯科を中心に、歯周病治療、インプラント、精密義歯治療、小児歯科など幅広く診療にあたられている山中先生。日本補綴歯科学会の専門医でもあり、専門性の高い補綴治療を受けることができます。そんな先生に医院の特徴や今後についてなどインタビューさせていただいた。

―先生が歯医者を志したきっかけは?

私は人と接することが好きなため、人と接する職業に就こうと考えていました。その中で歯科業界を選んだのは、当時通っていた歯科医院の先生と仲が良く、通っている間に歯科業界に興味が湧いたからです。また、歯科業界は、ただ治療を行うだけでなく、地域の患者様とコミュニケーションが取れたり、新しいコミュニティーを築けたりします。歯科医院を通じて地域の活性化や新しいコミュニティーを広げていきたいと思い、歯科医師の道を志すことにしました。

―やまなか歯科医院の特徴を教えてください。

当院は予防歯科に力を入れています。まずは顕微鏡を使って、患者様のお口の中にいる歯周病菌や虫歯菌を確認し、現状を把握していきます。個室のカウンセリングルームで、細菌が減少していく過程を確認できるため、通院のモチベーションにも繋がりご好評いただいています。
私は広島大学で13年間勤め、日本補綴歯科学会の専門医資格を取得しました。そのため、セラミック治療や義歯、入れ歯、インプラント治療などを得意としていますが、それだけでなくホワイトニング、矯正歯科、歯周病治療、小児歯科など、幅広い診療に対応できることも特徴です。
また、南カリフォルニア大学CCMB(USA)に留学した際に、紹介していただいたヒューフレディ社のモデルクリニックに当院は選ばれています。ヒューフレディ・モデルクリニックは、院内感染から強力に防御ができ、より清潔で衛生的な治療環境を実現できる「IMSシステム」を採用しているので、安心安全な環境で治療を受けていただけます。 院内の特徴は、バリアフリーを導入しており、車椅子やベビーカーのまま診療室に入ることができます。また、キッズコーナーや歯科医院では珍しくおむつ交換台も完備しているので、小さなお子様から高齢の方まで、通院しやすい設計になっています。
来院された患者様には、背景を踏まえた上で治療することを意識しています。患者様のニーズは、治療時期や治療期間、費用面など状況によって様々です。「One to One」の対応をするためにも相談しながら治療を進めていき、患者様との信頼関係を築いていけるよう心がけています。また様々な治療の選択肢をご用意して、患者様ご自身で選んでいただけるよう丁寧にご説明させていただき、ライフスタイルに合わせた治療をご提供させていただきます。

―今後の歯科業界についてと展望を教えてください。

高齢化が進む現代で、歯科業界の役割は幅広くなってきています。高齢になるとともに、口腔機能が衰えるため、各ライフステージに合わせた治療が必要です。そのために、人材の確保も求められています。昨今介護施設は、歯科医院が入っている施設に人気が集まると聞きます。歯科医院がない施設には、歯科医師が訪問しなければなりませんが、時間と人材が足りていないのが現状です。業界全体で各専門分野に特化した歯科医師を増やし、ライフステージに合わせた治療を提供できる環境を整えることに協力していきたいと考えています。各専門分野に特化した歯科医師が治療することで、患者様もより安心できる社会なると思います。 現代は、平均寿命と健康寿命の差が拡大しています。私は、お口を通じて、健康寿命を延ばし、幸せな食生活を送っていただきながら、元気で長生きしていただくことを願い、今後も地域の歯科医療に携わって行きたいと考えています。

医院紹介はこちら


歯医者の選び方って?とは
はじめてのかたへ