すみおか歯科口腔外科 院長 住岡 聡 | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院
2020年2月5日

日本口腔外科学会 口腔外科専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

大阪大学歯学部を卒業後、約10年間大阪大学歯学部附属病院の第一口腔外科に在籍し、口腔外科専門医として数多くの経験を積んでこられた住岡先生。お子様からご年配の方まで通院ができる歯科口腔外科医院です。そんな先生に医院の特徴や今後についてなどインタビューさせていただいた。

―先生が歯医者を志したきっかけは?

私の母親が歯科衛生士で、祖父と祖母が歯科医師だったことがきっかけです。幼少期から自然と歯科医師を目指していました。人と接することが好きなので、歯科医師になれてよかったと思っています。現在は、地域の方々からお口に関するご相談を受けたり、プロスポーツ選手のお口のサポートを担当していることにやりがいを感じています。

―すみおか歯科口腔外科の特徴を教えてください。

私が日本口腔外科学会認定の口腔外科専門医の資格を取得していることが大きな特徴です。兵庫県内でも資格を持って開業している歯科医院は多くありません。これまで大阪大学歯学部附属病院の第一口腔外科に在籍し、親知らずの抜歯、一般口腔外科診療、口腔がん、顎変形症の治療など数多くの経験を積んできました。現在も大学病院や近隣医療機関と連携を取り、安心して治療を受けていただける体制を整えています。
開院当初は、地域の皆様と妻が開設している母乳相談所(助産院)の患者様やお子さまを中心に来院いただきましたが、最近では、他医院からの口腔外科治療に関するご紹介患者様も多くなりました。お仕事の関係で土曜日しか来院できない方の親知らずの抜歯や矯正治療中の抜歯を担当するケースなども多く、なるべく負担の少ない治療と最短での処置を心がけています。
院内は完全個室のバリアフリー設計です。ベビーカーのまま診察室に入ることができ、乳児を連れての通院も可能です。子供の歯の相談など、初めての育児に不安を抱えたお母様方からもここなら通えると言っていただいております。

―今後の歯科業界についてと展望を教えてください。

これからの歯科医院は、各医院の専門性を高めていくことが重要だと考えています。私は口腔外科を専門分野にしており、他分野での高度な治療が必要な場合は、各専門分野の先生に紹介しています。治療を受ける患者様も専門分野の歯科医師に診てもらった方が最善の治療を受けることができます。そのためにより医院間の連携も大切ですし、歯科医師として専門性を高めていくことが求められていくと思っています。
当院としては、大学病院まで行かなくても、専門性の高い治療を、スピーディー且つ安全にご提供し、口腔外科をもっと身近に感じてもらえるよう努めていきます。最近では、プロスポーツ選手にもご来院いただき、マウスピースなどの新しい分野にも興味が湧いています。ご来院いただく方々との関わりを大切にしながら、お口のご相談に真摯にお答えしていきたいと考えています。

医院紹介はこちら


歯医者の選び方って?とは
はじめてのかたへ