西垣歯科医院 医療法人 西垣歯科医院 院長 西垣 勝 | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院
2020年4月20日

医学博士
日本口腔インプラント学会 専門医
日本顎咬合学会 認定医
ICLS (日本救急医学会)アシスタントインストラクター
京都府立医科大学附属病院歯科 客員講師
朝日大学附属病院口腔インプラント科 非常勤講師
医療法人清仁会洛西ニュータウン病院歯科 非常勤医

論文、学会発表、講演実績多数

洛西ニュータウンにて、地域に密着した診療をされている西垣先生。日本口腔インプラント学会の専門医、日本顎咬合学会の認定医資格を取得されています。そんな先生に医院の特徴や今後についてなどインタビューさせていただいた。

―先生が歯医者を志したきっかけは?

歯科家系で生まれ育ったことがきっかけです。祖父の代から歯科医師で、私は3代目になります。洛西ニュータウンが開発された当初に、今の場所で父が開院しました。校医なども務めていた父の姿を見て育ち、私も自然と歯科医師を目指していました。

―西垣歯科医院の特徴を教えてください。

当院では、長期的なメンテナンスで患者様のお口の健康をサポートしたいと考えています。そのため、患者様にも口腔内の状態や今後起こりうるリスク、トラブルが起こった原因を認識してもらった上で、治療を行うように心がけています。
説明はわかりやすく丁寧に行い、長期的にサポートして、患者様も治療やメンテンスと向き合える関係を築きたいと考えています。
この街には虫歯や歯周病でお悩みの方がたくさんいらっしゃいます。セルフケアを徹底してもらうことが重要ですが、定期的に歯科医院に来て、プロフェッショナルケアを受けてもらうことも必要です。歯科衛生士が主導して、メンテナンスはもちろん患者様のモチベーションがステップアップしていくよう、しっかりサポートさせていただきます。治療が必要な場合には、出来るだけ再介入を防ぎ、一度の治療で10年も20年も健康な状態が続く治療を提供したいと考えています。
私の専門分野であるインプラント治療や噛み合わせ治療は、歯周病が重篤な場合の機能回復を図るためにあると考えています。期間や費用がかかるため、歯周病のレベルや患者様の希望に沿って治療方法をご提案するようにしています。

―今後の歯科業界についてと展望を教えてください。

今後の歯科業界は、口腔機能の回復に注力することが主流になると考えています。口腔機能が低下すると、全身機能に影響を及ぼすと言われています。患者様に必要なケアを見極め、適切な医療を提供し、全身機能を維持・向上を担っていくことが、歯科医師の役目だと思っています。
今後に関しては、患者様一人ひとりの治療間隔を短くするために、医院の体制をより強化していきたいと考えています。スタッフのレベルを一定水準まで向上させ、同じ思いで治療に臨めるスタッフを育成していきたいと思います。また、風通しの良い職場環境と、スタッフが主導する組織にしていくことが、今後の務めです。そして、父が築き上げた「洛西ニュータウンに西垣歯科医院あり!」を継承し、これからも地域医療に貢献していきたいと思います。

医院紹介はこちら


歯医者の選び方って?とは
はじめてのかたへ