東京セントラル歯科 院長 寶田 博 | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院

三井記念病院の歯科口腔外科部長として勤務後に、現在の地で開業された宝田先生。日本口腔外科学会の専門医、指導医として専門性の高い治療を提供されています。そんな先生に医院の特徴や今後についてなどインタビューさせていただいた。

医院紹介はこちら

医学博士
日本口腔外科学会 口腔外科専門医 指導医
日本口腔外科学会 名誉会員
日本有病者歯科医療学会 名誉会員
日本顎顔面インプラント学会 指導医

先生が歯医者を志したきっかけは?

元々は医師になりたいと思っていました。それで医学部を受験したのですが落ちてしまい、同時に受けた歯学部には合格しました。翌年また医学部を受けるつもりで、とりあえず1年だけ歯学部へ行くことにしたのですが、そこで歯科のおもしろさを知り、歯科医師を目指すことにしました。姉が歯科医師だったので、歯科医師という仕事がどういうものか知っていたのも大きかったです。

東京セントラル歯科の特徴を教えてください。

私は日本口腔外科学会認定の口腔外科専門医、指導医で、同学会名誉会員の肩書きも持っています。三井記念病院に就職して、一般歯科はもちろん、口腔外科分野においても研鑽を積んできました。インプラントに関しては開発に携わったこともあり、臨床経験が豊富です。
親知らずの抜歯や外傷の処置、口腔がんの診断も可能です。舌が痛い、口内炎ができた、親知らずを抜いて欲しいという患者さんにたくさん来ていただいています。検査の結果、大がかりな治療が必要だと分かった場合には、私が勤務していた三井記念病院や、大学病院を紹介させていただきます。お口の中に違和感がある方は、ご相談いただければと思います。
治療の際は、主訴だけでなく口全体、身体全体を見て診断しています。虫歯があるからその虫歯だけを治療をするのではなく、もし患者さまが気付いていないお口の症状があれば、それをお伝えした上で一緒に治療計画を立てていきます。

今後の歯科業界についてと展望を教えてください。

歯科業界は、私が歯科医師になったときと比べて様々な面で進歩しています。歯1本に対する考え方も、治療の際に、ただ削って詰めるのではなく、人の体を治療しているという考えが強くなってきています。麻酔を打つ際も、どうやって痛みを抑えるか、病気があるかないかなど、常に全身のことを考えながら治療するようになっています。同じようなことが今後もずっと続いていくでしょう。
昔は入れ歯のみで歯を作っていたのが、入れ歯を作らないでインプラントで歯を作ってしまうという技術が生まれました。詰め物に関してもどんどん新しい材料が出てきています。今後はインプラントの上をいくようなものも出てくる可能性もあります。歯胚を植えて、歯を生やす研究もされているので、人間の歯を作ってしまうことも今後はあるかもしれません。
現在、私が所属している学会や作ったグループなどで年に数回集まって他の先生方と研究会をやっています。今後に関しても、そういった場を通して後進の育成もしていきたいと思います。

この記事に関連するキーワード
おすすめ

ヘルプ