アーク歯科クリニック 番町オフィス 医療法人社団 アークブレーンズ 理事長 西田 香 | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院

根の治療を専門とし、再発しない治療を心がけている西田先生。「最新の医療を細心の心配りで」をモットーに日々診療にあたっています。そんな先生に医院の特徴や今後についてなどインタビューさせていただいた。

医院紹介はこちら

日本歯科保存学会 専門医
日本歯科人間ドック学会 認定医
日本大学歯学部兼任講師

先生が歯医者を志したきっかけは?

医療系の仕事に就きたいと思っていました。祖父から長く仕事を続けられるのは、夜勤がなくて、結婚しても続けられる歯科医師がいいのではと勧められたのと、細かい作業が好きだったこともあり歯科医師の道に進みました。

アーク歯科クリニックの特徴を教えてください。

「最新の医療を細心の心配りで」をモットーに日々診療にあたっています。
新しい知識、技術は色々と出てきてはいますが、全部が全部いいとは限りません。きちんと科学的根拠に裏付けされた最新の知識、技術で治療することを心がけています。 歯科医院は怖いというイメージがあり、あまり来たいところではないと思います。暗くていかにも病院という雰囲気が好きではなかったので、医院のデザインは建築デザイナーに設計していただき、白を基調としたシンプルで暖かみのある内装にしています。
完全個室の特診室は対話を重視したユニットになっており、患者さんとパソコンを見ながら対面でカウンセリングしたりと十分にコミュニケーションを取りながら治療ができるようになっています。治療器具もあまり見せたくなかったので、診療器具を置くテーブルは前にありません。診療用ライトも上部に設置されているので、通常の歯科診療台より緊張感なく治療を受けていただけます。
治療の際は、まず患者さんの話をよく聞くことを心がけています。患者さんから、前の歯科医院で「なぜその治療をしなければならないのか説明がないまま削られてしまった」という話をよく聞きます。当院では、今抱えられているお悩みやどういうことをしてほしいかなどすべてお話していただきます。悩んでいる方は歯だけでなく、歯が原因で、心も悩まれている方も多いです。なので、患者さんの性格やご希望を把握した上で、歯だけを治すのではなく、人全体を診て、心も一緒に治すことを大切にしています。
ただ、なんでも患者さんの言いなりになってはいけません。例えば、「右の顎が痛いから自分としては左のかみ合わせが低いと思うので、削ってください」というのはご本人の感覚なので、もちろん100%間違えているわけではないのですが、きちんと医学的知識をベースに診断をして、できないことはできないと申し上げています。希望に沿うことはもちろん大事ですが、それがすべて正しいわけではないので、どんな治療がその患者さんにとって必要なのか、たとえ患者さんが違うのではと思っていても、きちんと丁寧に説明して、納得していただいた上で治療を受けてもらえるようにしています。

今後の歯科業界についてと展望を教えてください。

今後の歯科業界は、専門性がより高くなると思います。歯科も医科と同じように専門に別れているところもあり、専門医や認定医、指導医といった資格制度もあります。歯科医師は総義歯や入れ歯を作れますし、矯正や根の治療もできる資格はあるのですが、専門かどうかを調べて来院される患者さんが増えています。そういう意味では、細分化した医療が必要になってくると思いますし、よりニーズも高くなってくるのではと思っています。
最近は、基礎ができていない、患者さんと話ができない、主訴が聞き取れない若手歯科医師が増えています。当院は単独型の研修医施設なので、大学を卒業してから1年間預からせていただき、基本的なことからまずできるように、姿勢も含めて、若手の育成に力を入れていきたいと思います。

この記事に関連するキーワード
おすすめ

ヘルプ