松村歯科クリニック 医療法人社団 優樹会 理事長 松村 東栄 | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院

患者さん一人ひとりにしっかりと時間を割き、高度で丁寧な治療を提供されている松村先生。日本口腔インプラント学会の専門医など肩書も多くお持ちです。ファンも多く、遠方からも患者さんが来院されています。そんな先生に医院の特徴や今後についてなどインタビューさせていただいた。

医院紹介はこちら

歯学博士
日本先進インプラント医療学会 専門医 指導医 代議員
日本口腔インプラント学会 専門医
国際口腔インプラント会議 認定ドクター 評議員
日本咬合学会 理事
日本メタルフリー歯科臨床学会 認定医 評議員
日本有病者歯科医療学会 専門医
日本障害者歯科学会 認定医
日本自閉症スペクトラム学会 評議員

松村歯科クリニックの特徴を教えてください。

日本口腔インプラント学会の専門医、日本先進インプラント医療学会の専門医・指導医、日本有病者歯科医療学会の専門医など様々な肩書きを持ち、専門性の高い治療を提供しています。
また、最新設備の導入も積極的に行い、マイクロスコープや歯科用CT、半導体レーザーなどを活用して、精密な診査診断、治療を行っています。
当院は薄利多売の歯科医院ではありません。費用はかかりますが、それに見合った治療を提供させていただきます。一人ひとりの患者さんにしっかりと時間をかけて、治療を集中的に行い、不要な通院をなくしています。そして、時間をかけた分、患者さんも医療に対する考え方、口に対する考え方が変わり、成長してくれています。痛くなるまで歯にはお金をかけない人が多いと思いますが、当院には、痛くならないために定期検診で来ていただける患者さんも増えているという実績が私の自信になっています。
こどもの診療にも力を入れていますが、その際に心がけていることは、叱責と賞賛です。ただ、その前の親御さんの指導も大切にしています。20年前、30年前と比べて子供をどう育てていいか、どう接していいかわからない親御さんが増えています。あやすことが子育てではありません。子供の行動を予測してコントロールすることが重要なのです。

今後の歯科業界についてと展望を教えてください。

日本の歯科業界は、アメリカやヨーロッパに追従していくと思っています。現状、日本の医療は世界と比べると遅れています。治療は、浅く広くというよりも、内容が濃くなり、適切な費用になっていくと思います。ただ、そのためには健康保険制度の改革が必要です。日本の保険制度により、優秀な医師や研究者が国外に出ていくことを危惧しています。
今後に関しては、いつまでも第一線でやっていきたいなと思っています。そして、家族、スタッフ、患者さんを幸せにしていきたいです。そのためには自分自身が幸せでいる必要があります。「自分よし、相手よし、世の中よし」の精神で今後も治療を行っていきます。

この記事に関連するキーワード
おすすめ

ヘルプ